無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
花貫ダム

堤高45.3m
G/FNWI 1972年 茨城県営

2010.7.18見学

グリーン・グリーン。


茨城県営の花貫ダムにやってきました。
左岸のパーキングに車を停めて、ダム本体までは少し歩きます。

予備ゲートの若草色が爽やか。

網端にも同じ色の雑草が生えています。
草の首輪のような網端が示す通り、利水の取水設備は堤体の中ほどにあります。



天端の入口にはフェンスやゲートなどの物理的なガードはありませんが、開放時間が定められていました。

現在時刻はAM8:50。
あとちょっとなので、すぐ横にある管理棟の辺りを散策してみましょう。



「茨城県花貫ダム管理所」

ん、管理 : 所?



ダム管理所 改め
ダム管理「事務」所・・・。

すごく生真面目な感じに親しみを感じてしまう、チャーミングな花貫ダム。



時間になったので早速天端を散策、まずは管理所に軽く会釈。
天端は開放されていますが、対岸の手前より先は常時立入禁止となっています。



ダム本体のすぐ近くにあるコンパクトなボート係留所
ドンキーコング式と勝手に命名。



ゲートの布陣は、ダム中心に非常用のクレストゲートが1門。両脇の下部に2門の常用ゲートを持っています。
越流部がちょっと個性的で、3門の越流部がそれぞれ高い導流壁に仕切られ、完全に独立しています。

減勢はジャンプ式ですが、ジャンプ台には草木がこんもりと茂っていました。
この場所がこんなにも緑豊かなのは平和の証ですね(笑



下流も緑が沢山。
遠景には海が見えるらしかったのですが、変わったデザインの堤体と豊かな緑に目を奪われ気が付いていませんでした。



右から観た横顔です。



貯水池に浮かんでいるのはビオトープ・・・。
じゃなくて、巡視艇の出入り口ですね。



緑がいっぱいの花貫ダムでした。

花貫ダム
★★★


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム茨城県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/577