無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
中岩ダム

堤高26.3m
G/P 1924年 東京電力

2010.7.17見学


中岩ダムは鬼怒川にあるオールドダムのひとつです。

まずは、国道121号(鬼怒バイパス)から、堤体を拝見・・・。
堤体は日光江戸村の南東辺り、ちょうどこの「3D宇宙恐竜館」の近辺にあるはずです。

ちなみに、このレジャー施設では、「世界の昆虫・・・」と言ったイベント中でした。
「宇宙」「恐竜」「昆虫」・・・確実に男子小学生のハートを鷲づかみです(笑)。



宇宙恐竜館のパーキングから・・・。

み、見えた!

・・・ような気がする・・・。

この場所からはフェンスや雑草が邪魔をしてほとんどダムは見えません。
多分、ピアの頂上じゃないかと思うのですが。



先ほどの場所は諦めて、下流の橋で鬼怒川を渡り、対岸にやって来ました。
丁度、中岩ダムの左岸辺りのはずです。

バス亭の名前「中岩発電所前」

ビンゴ!!



近くのコンビニに駐車して歩いてダムを目指します。
バス亭から脇道を進み、東武鬼怒川線の踏み切りを渡ると、いよいよご対面です。

わくわく。



わーっ!中岩ダムだー・・・・・・。

って、やっぱり見えないぞー。

東京電力の敷地は隙間なく高いフェンスに囲まれ、結局、満足する眺望は得られず。

でも、逆に燃えてきました、必ず中岩ダムをこの目で見てやるぅ〜(笑)



そして、再び右岸の国道に戻って来ました。
ゆっくりと車を走らせ、ビューポイントを探ります・・・。

むむっ!あれはもしや。



3D宇宙恐竜館からおよそ300m下流にある、鬼怒川お菓子の城。
その北隣の喫茶店裏に、下流から中岩ダムが見えるポイントがありました。

ついに発見!と、独りで盛り上がります(笑)



これがようやくご対面となった中岩ダムです。

ゆるやかなアーチ状の堤体は、以前のダム便覧では重力式アーチダムとなっていましたが、現在は重力式コンクリートダムに形式変更されています。

大正生まれの中岩ダムですが、昭和42年から44年にかけて大規模な改修工事を受けています。その時に8門あったクレストゲートは現在の6門に変更。
堤体もオールドダムらしく石張りでしたが、現在のコンクリート表面に改められました。

各ゲート間にリブ状の導流壁が立っているのが他のダムには見られない特徴ですが、この部分も改修工事で付けられたと思います。



多分、昭和の大改修により、すっかり姿を変えてしまったと思われますが、堤体下部の広いテーブル状減勢工に古いダムである名残を感じます。

それよりも、河川の中流域にある発電専用ダムである事や、決して高くない20m級のシルエットが、まぎれもなくこのダムがオールドダムである事を表現しています。



中岩ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム栃木県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/10/01 7:32 PM posted by: 夜雀
お疲れ様です。

よくこのビューポイント見つけられましたね〜。
私、てぷこで職員さんに食らいついて聞いたのに分からなかったのです。

西山先生の撮っておられるビューも今は無理らしいとの事で諦めたんですが粘ればよかったなぁ。

   夜雀 拝
2010/10/01 7:57 PM posted by: あつだむ宣言!
こんばんは、お疲れさまでーす。

多分、説明しようと思っても難しい場所なのでテプコさんも説明のしようが無かったのかも。

西山先生のポイントはさすがに無理ですよね。
たしかテーブル減勢工の上からですよね。


中岩ダム、目指すはお菓子の城です。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。