無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
三瀬谷ダム

堤高39m
G/IP 1966年 三重県営

2010.4.30見学

今回の遠征の最後に県営の三瀬谷ダムを訪れました。

先程の宮川ダムでお腹いっぱいになったので、この三瀬谷はまた次の機会でも良かったのですが、紀勢自動車道のインターの直ぐ側なので簡単に立ち寄る事が出来ました。

高速から降りて訪れた場合、右岸に着くと思いますが宮川の上流から来たので左岸から見学開始です。

IMGP0001.JPG

天端は車道となっていて、付近にお住まいの方の生活道路になっている様です。
時間的に帰宅時間と言う事もあり思いのほか通行があります。

「ム」

今までこんなに巨大な「ム」を観た事があるだろうか。
あほな事を思いつつ、ふと下流面に目をやると驚きの光景が広がっていたのです。

IMGP0019.JPG

んぎゃー

なんだこれは。

IMGP0003.JPG

見た事も無いモノが減勢工の中に点々と。

瞬間にして三瀬谷ダムの虜になってしまいました。
恐ろしや三瀬谷、恐ろしや魅惑のブロック。

IMGP0015.JPG

右岸には黒ずんだコンクリートとは対照的に、綺麗な外壁の発電所。

三瀬谷ダムの発電所は2004年の台風21号により被害を受けています。
洪水調節の無い発電用ダムなので、台風などの出水時は、流入量=放流量となりますが、その時は4門ある大きなゲートの全開放流量をはるかに上回る流入がありました。

現在は発電所も復旧し、当時建設中だった新しい管理棟も完成し毎日元気に電気を産み出しています。

IMGP0018.JPG

天端からの眺望。

真正面はJR紀伊本線の鉄橋です。
高いコンクリートの橋脚と鉄骨トラスの組合せの鉄橋はとても味があります。

電車を待ってシャッターを切ります。

IMGP0007.JPG

ダムの長さと同じくらいの幅で、上下に長い貯水池。
もうすぐ日没です。

IMGP0013.JPG

クレストゲートの1門にはフラッシュボードが装備されています。
他の多くのダムと同じように開かずのボートになっているのでしょうか?

IMGP0004.JPG

場所を移動して右岸の下流側へ来ました。

さっきの鉄橋も良く見えます。
名のある有名な鉄橋なのかなあ。

IMGP0029.JPG

そして三瀬谷ダム。
歩いてここに来る間に外灯に明りが点りました。

IMGP0028.JPG

三瀬谷ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム三重県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/08/18 9:45 PM posted by: 安部塁
京都〜三重の遠征、お疲れさまでした。

滝畑の左岸直下は、一度立入させていただいたことがありますが、実はあまりビューポイントではありませんでした。
バルブ放流設備の建屋(3階建ほど)が視界をさえぎってこの位置からはとても絵になりません。

瀬戸ダムは、関電さんに予約すれば(1週間前)見学可能です。
ただし、見学人数は1〜27名までです。

猿谷と合わせてリベンジを期待しています。
2010/08/19 12:38 PM posted by: あつだむ宣言!
安部塁さん、こんにちは。

残暑(猛暑?)お見舞い申し上げます。

瀬戸ダムにもカードが発行されていますよね。ちょと変わった物件です。
27名まで行けるならツアーで行けそう(笑

猿谷は、翌日も2度も通過したのですが、やっぱり立入禁止でした。
お願いすれば入れたかも・・・。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/529