無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
滝畑ダム

堤高62m
G/FAW 1981年 大阪府

2010.4.30見学

ラビリンス夜明け前。


滝畑ダムは大阪府南部の河内長野市にある、府営の多目的ダムです。
切り立った谷を埋めるようなV字の堤体、しかも曲線重力式という、スタイル自慢のコンクリートダムなのです。

もうすぐ姿を見せるだろうカッコいい姿に、わくわくしながらダムまでの山道を登ります。左岸ダムサイトのトンネルを抜けるとダム湖に到着しました。

ダム湖左岸より堤体を拝見。時間はまだ朝の7:30です。朝の滝畑ダム。

IMGP9772.JPG

おおっ、なんだこの洪水吐!?

クレストに4門配置された洪水吐は、可動ゲート無しの自然越流タイプですが、両端の2門の越流部がダム湖側に大きくせり出しています。

これは、天端からもバッチリ見えるはずなので、行って近くから見学してみましょう!ダムサイトに向けて爆走です。

IMGP9774.JPG

な、なんだこりゃー!
天端に向かう道はゲートで堅く閉ざされていました。

開門は10時から・・・。

これでは狭山池の駐車場の二の舞です。
決して大阪のダムがお寝坊さんな訳ではなく、都市近郊のダムなので管理の都合で仕方ないです。
そう言えば、ダムまでのトンネルの壁面には、若気の至り風の落書きが沢山されていたので、ちょっと嫌な予感がしたのですが。

IMGP9771.JPG

諦めが付かず、ダメ元で堤体直下への道にもチャレンジしましたが、当然のようにゲート封鎖。こちらは日中も開けられる事はなさそうです。

ダムサイトの岩盤に、地蔵様と観音様の彫刻があり、ちょっとした名所となっているそうですが、ここからも拝見する事は出来ませんでした。

IMGP9775.JPG

仕方なく、下流の集落をウロチョロして、少しでも堤体が見えそうな場所を探します。
なんとか、クレストだけは写真に収める事が出来ました。

ゲートはクレスト以外にも、下の方に1門あるようで、ぎりぎり円錐状のデフレクターが見えます。
帰宅後に調べて知ったのですが、常用の洪水吐(オリフィス?)も持っていて、しかも、自然越流のシュート式と言う、これまた凝ったものなのです。

IMGP9782.JPG

クレスト部のアップ。
センターの2門はスタンダードな洪水吐ですが、左右の2門は、ぐっとダム湖側に奥行きがあります。
奥行きのある越流部は、フィルダムの洪水吐のようにも見えます。

常用洪水吐のシュートがセンター2門の真下にありますから、クレスト4門全てを奥行きのある越流部にする事は出来ませんが、もしそれが出来て4門ともであれば「ラビリンス式洪水吐」じゃないですか!?
苫田ダムが完成するのは、滝畑ダムの完成から24年も後の事。なんという先進性!。

鋭いV字の正面形状、曲線重力式、シャープな造形。
スタイリッシュなボディに視線がクギ付けの滝畑ダムですが、そのスタイルに負けないほど前衛的な放流設備を持っていました。

IMGP9784.JPG

滝畑ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム大阪府 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/08/10 7:56 PM posted by: 夜雀
お疲れ様です。

滝畑ダム愛でて頂きありがとうございます。
大阪の数少ないダムの中でとびきりビジュアル系です。

たくさんの方に愛でてほしいけどDQNがね〜。

   夜雀 拝
2010/08/10 10:02 PM posted by: 安部塁
こんばんは、
せり出した2つの非常用越流部に挟まれたところにもう1つ半円状の越流堤があります。
簡単にいえば、上流に向かって計3つの突起物があります。
この中央にある半円状の越流部を越流したお水は、下流面の常用吐きから流れて行きます。
1・2枚目の写真を見る限り、水位が高いので中央の越流堤が解かりにくいのですが、
当日は、常用越流中であったと思われます。

屋外彫刻は堤頂部から凝視しないと見えませんので
ぜひまた、営業時間内にお越しください。
2010/08/11 1:54 AM posted by: ぐりぐり。
こんばんはです。
滝畑ダム、硬派でかっこいいですね!
私設備とか機能に疎いのでイメージになりますが、無骨な感じの中に繊細さのある感じ。
この子、ボーイッシュな女の子ダムだと思いました。
あ、コメントし難い感じですみません><

堤体直下のゲート封鎖
遠路遥々訪れて、醍醐味の一つの場所なのにあんまりですよね><
安全性以外の別の理由があるのならば、DQNさんも含め訪問される方のマナーなど、よく考えていきたいと思いました。
次に来られる方のこと考えなきゃ!
2010/08/11 5:46 PM posted by: あつだむ宣言!
夜雀さん
そうです、実はとてもビジュアル系のコンクリートダムなのですよね〜♪
シュート式の洪水吐、現地で気が付きませんでした、帰宅後に夜雀さんのレポ参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

安部塁さん。
不思議な洪水吐の滝畑ダム、常用と言っても、水位の調節用といった感じなので、通常のダムだとオリフィスに近いのかな?
流木とかシュートの奥に落っこちたらどうするんだろう・・疑問です。

ぐりぐりさん。
ようこそ、こんにちは。

ボーイッシュ・・・
ふふふ。そういったご意見は大歓迎です。
僕も長野県の梓川三姉妹(奈川渡・水殿・稲刻)がキャッツアイの三姉妹に見えるクチなので。
あ、ぐりぐりさんの年齢だと判らないかも。

ゲート封鎖は残念でしたが、昼間だけでもオープンにして頂いてるだけでもありがたいですよね。場合によっては全面封鎖もありえますから。ありがとう滝畑ダム。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。