無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
七色ダム

堤高60m
GA/P 1965年 電源開発

2010.4.3見学

七色の虹。


池原ダムの下流、重力式アーチの七色ダム。
池原や坂本と同じように、山間を縫って蛇行する長い貯水池が特徴である。

IMGP8904.JPG

ダム本体は国道のトンネルを抜けると、突如として現れる。
大きく湾曲した天端、巨大なピアが視界をさえぎるので車の通行には注意が必要だ。

池原ダムから向かう間にいつの間にか県境を越えていた。
七色ダムの左岸は三重県、右岸は実は和歌山県である。

IMGP8915.JPG
 
右岸のダムサイトにある巨大な取水設備。
発電所も直下にあり、ダム施設全体がとてもタイトな造りとなっている。

IMGP8914.JPG
 
低い高欄から下流側を観る。

直下の副ダムもダム本体に沿うようにアーチ形になっている。
右岸には発電所、コンパクトなレイアウトの七色ダムである。

IMGP8912.JPG
 
左岸から観る。直線的に延びるピアが力強い。

ダム巡りを初めて最初に観た重力式アーチは、大野市の鷲ダムや石徹白ダムだった事もあり、力強さと美しさを兼ね備えたGAの姿にすっかり魅了されてしまったのだが、七色のマッシブでパワフルな造形は僕のGAのイメージをくつがえす物だ。

IMGP8907.JPG

 天端から下流右岸に道があるのを確認したので、行ってみると、ほぼ正面から観る事が出来た。

それにしても風が強い。
吹き飛ばされそうになるので河原の岩に身を隠す様に写真を撮る。

副ダムを越える水が強風にあおられ、幾重にも重なるように飛沫を上げている。
(そしてカメラもあおられ斜め写真)

IMGP8930.JPG

青空の下、虹の色数と同じ七門のゲートを持つ重力式アーチ。
虹のアーチ 七色ダム。

IMGP8933.JPG
 
七色ダム
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム三重県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/485