無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
江川ダム

堤高79.2m
G/AWI 1972年 水資源機構

2010.3.22見学


女子畑第二調整池を満喫し、岐阜までの帰路に着く事にしました。今日中にひとまず本州に渡り、適当なSAで車中泊の予定です。
大分自動車道日田インターから、九州自動車道を目指し車を走らせると、予想どうり鳥栖ジャンクションで渋滞しています。
結局、ジャンクション手前の甘木インターで高速を降り、北九州辺りまで一般道で行く事にしました。

2日間に沢山のダムを見学して、もうお腹一杯です。
頭の中で、九州のカッコいいダムや、美しいダム湖を思い出すとハンドルも軽いです。

車窓を流れる景色の中に、瞬間でしたがダムの二文字が見えました。
ダム愛好家となってから、この二文字の感知センサーは相当敏感です。

「江川ダム 〇〇km →」

ちょっとルートから外れますが、この先にダムがありそうです。
予定に無かったダムなので、事前情報一切無しです、たまにはこういう見学もいいだろうと、寄り道をする事にしました。

そろそろ有りそうだ。

そう思って慎重に車を進めると、ぱあーっと視界が開けて唐突に赤いゲートのダムが視界に飛び込んで来ました。



多分、よくある自治体形の自然越流吐のダムかなあ、と、イメージしていたので、予想外のグッドルッキングに再びテンションが上がります。



江川ダムは県営ではなく、水資源機構の利水ダムでした。
管理棟の駐車場に面した壁に貯水量と貯水率のリアルタイム表示板。



けっこう天端が長い。およそ300m程。
堤体は、こちらの右岸側で折れ曲がっています。ダムの下流側に一山取り残されています。

あれこの感じ、なんだか東電の上野ダムに似てるぞ。



水資源だけど赤いゲート。
放流管からは河川維持の放流ですね。その下流の四角い建物は小規模の発電所の様です。



水のふるさと 江川ダム
対岸のアバットにキャッチフレーズを掲げるのは水資源のダムではおなじみですね。

この江川ダムは、福岡市の水道水の水源となっているそうです。



左岸から振り返ると、やっぱり上野ダムにそっくりだ。
クレストのラジアルゲートが低く構えている辺りもよく似ています。

バケットカーブのキレイさは有峰ダムに近いかな?。



堤体の折れている部分。
下流だけじゃなくて、ダム湖側にも地山が残っています。
結構個性的な江川ダム、ごちそうさまでした。



江川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム福岡県 | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/01/11 8:30 PM posted by: ていてい
はじめまして。福岡在住の最近ダムに魅了されてやまない者です。SIDE WAYさんのサイトが凄い詳しくておもしろくて、ダムに行く際は活用させてもらってます。これから、良かったら、ちょくちょくメッセージ送りたいな、と思ってますが、コメントの所しか書くところってないんですかね?サイト関係には疎くて失礼します。。。
2012/01/11 11:21 PM posted by: あつだむ宣言!
ていてい様。

はじめまして、ご覧いただきありがとうございます。
福岡にお住まいですか、九州はマニアックなダムが多いですよね、九州の中だけでも十分楽しめますね。

メッセージ大歓迎です。
掲示板の様な所が無く、仰る通りこのコメントの所だけとなっています。

過去の記事でも良いですので、関連しそうな記事にコメントして頂くか、関係が無くても、ダム関係の最新の記事にコメント頂いても良いですよ(脱線話も歓迎ですので、関係のない記事に関係ない事をコメントされてもOKです)

今後とも、宜しくお願いいたします。
2012/01/12 11:11 PM posted by: ていてい
さっそくのメールに感激しました。ありがとうございます。数日前、山口県の佐々波川ダムに行こうとしたんですけど、凄く険しい道と途中の崖崩れなどで、結局引き返すはめになりました・・・でも、あつだむ宣言さんの記事をたよりに近くまでいけたので、凄く助かりました。半年前に大分県の白水堰堤をみてから、ダムに、はまってしまって、まだ九州・山口の20数基程度しか見れてないんで、いろいろ教えていただければと思います。それにしても、あつだむ宣言さんの行った時の写真・・水の流れていない白水ダムもしびれますね〜!!
2012/01/13 12:18 PM posted by: あつだむ宣言!
ていていさん。

白水堰堤・・・。
いえいえ、やっぱり水が流れている姿が観たいです!
福岡だと余裕で日帰りで行けますよね、羨ましいです。

沢山観るだけがダム巡りではありません。なので20基も観れば充分ですよ。
ダムマニアの数だけ、ダムの楽しみ方があると思っています。
2012/01/14 1:52 PM posted by: ていてい
名言をありがとうございます。「ダムマニアの数だけ、ダムの楽しみ方がある」・・・
素晴らしい・・・響き・・・。
今度、2月下旬に香川県の豊稔池ダムを見に行く計画を立ててます。ちょっと結婚記念の旅行なので、あまりダムが主になりすぎるとまずいんですが、せっかくなので四国で、これも見たほうがいいよっというお勧めのダムがあれば、教えて頂けたら嬉しいです。
2012/01/15 10:20 PM posted by: あつだむ宣言!
ていていさん。

それはハネムーンって事でしょうか!?
まずはご結婚おめでとうございます。

豊稔池ならきっと奥さんも感動される事間違いなしです。
だとしたら歴史ある満濃池が近いので、
「これから二人で歴史を作ろう」と言い、
その後、早明浦で
「こんな頼もしい夫になるよ」
穴内川で
「いつまでもかっこいい男でいるぜ」
と、語りながら車を走らせると目の前に太平洋が見えてきますので、最後はいい感じでキメちゃってください
2012/01/16 11:28 PM posted by: ていてい
あははは。
凄く面白い!!
イケてるダムと共に、それに合わせたセリフまで考えてくれて、あつだむさん最高です!!
でもですね・・・
私、5年目の結婚記念日を迎える・・・奥さんの方なんですよ。主人に付き合ってもらってダムの堤体内見学した時も、管理人の方は主人の方ばかりに説明していたし、あまり女性でダム好きっていないんでしょうかね?
満膿池、早明浦、穴内川・・どれも情緒あり、かっこいいダムですね。お勧めありがとうございます。出来れば3基ともすべて巡りたいです。あっ、ヤーコンうどん食べれたらレポしますね(笑)
2012/01/17 5:50 PM posted by: あつだむ宣言!
ていていさん。

すみませんっ、てっきり旦那さんの方かと(汗。

女性でもダム好きは沢山いますよ。
尚且つ、どちらかと言うと、女性の愛好家の方が熱い人が多いです。
ダム管理所の方は、真面目で寡黙な方が多いので、女性だと話し辛かった(?)のかも。

結婚記念日に旅行とは羨ましいご夫婦ですね。
そうなると、導流壁がセクシーな長安口と、キュートな大美谷で旦那さんを脳殺?と、いうコースもありますが、すごく遠いので今回はお勧めできません・・・。

古いダムがお好きであれば、早明浦から上流へ、高藪堰堤→大橋→長沢というコースもありますが、どれもじっくり見たくなってしまうので時間が足らないかも・・・。

やはり、お勧めは豊稔池、満濃池、早明浦、穴内川でしょうか。
どれも行きやすいですし、偶然ですが全て形式が違うので、その辺りの事を話ながら周れば旦那さんも飽きないと思います。
2012/01/18 8:49 PM posted by: ていてい
女性のダム好きさんも多いんですね。ちょっと女は場違いな雰囲気がしていたので安心しました。
キュートでセクシーなダム達・・みたいな♪
でも、今度じっくり一人の時に巡る事にします。でも、豊稔池、満濃池、早明浦、穴内川、形式が全部違って、それぞれ超エリートなダムなんで、贅沢なことですよね。楽しみです。
あつだむさんの家族も仲良しそうで、いつもほほえましくなりますよ。アマゾンの箱のリメイクしている辺り、奥さんが怒るのも無理ないです(笑)

所で、いつか、ダムツアーなんて言うものに参加したいんですけど・・・九州・近畿あたりではあまり開催されないんでしょうか?もし、ご存知であれば・・。いつも色々聞いちゃって、お手間かけてすいません。
2012/01/19 12:36 PM posted by: あつだむ宣言!
ていていさん。

ダムツアーですが、少し前は旅行会社でも企画があったみたいですが・・・。
最近は日本ダム協会さんか主催して、主にダムマイスター向けの見学会があったりしますが関東エリアが多く、近畿や西日本では実施されていません。
あとは、ダム愛好家のオフ会でしょうか。

ていていさん、夜雀さんのHP「雀の社会科見学帳」はご存じでしょうか?
もし、近畿エリアでダム愛好家のオフ会がある場合は、夜雀さんが関係されている事が多いです。
夜雀さんのHPを時々チェックされるのも良いかもしれませんよ
2012/01/20 11:40 PM posted by: ていてい
丁寧にいつもありがとうございます。
教えていただいて、さっそく夜雀さんのHP見ました。凝ってるし色々土木の事など詳しくて、びっくりしました。要チェックですね!!
2月にあるオフ会に行ってみたいけど、まだまだ未熟だし、話についていけないと勿体ないから、知識を深めた頃に参加するぞ!と闘志を燃やしています。
はたばんの世界素敵ですね。。あつだむさんは詩人に向いてるんじゃないでしょうか。。
バンもこんなスポットをあてられて、きっと嬉しいとおもいますよ。
では、また〜!!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/478