無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
一ツ瀬ダム

堤高130m
A/P 1963年 九州電力

2010.3.21見学

成層圏の要塞。


杉安ダムを後に一ツ瀬川を遡ると、九州地方の最高峰 一ツ瀬ダムが現れる。
2億6131万㎥の総貯水容量も九州随一であり、全国で見ても第九位の巨大ダムである。



左岸のクレーン跡を利用した展望台より。

巨大なアーチの両脇にジャンプ式洪水吐を備えている。
中心のクレストゲートは、自然越流式だとばかり思っていたが、両脇と同じく2門のラジアルゲートだった。

中心のクレストゲートの片側の扶壁には厚みがある、監査廊への入口があるのだろう。この直下辺りにコンジットを持っているが、関連があるかは判らなかった。



巨大なドーム型アーチ、ダム湖側の傾斜も強く、堂々とした佇まい。
雨が当らず白い下流面とは違い、鈍い色に染まった荒い肌は、金属的な硬質感さえ漂う。



クレストから上への突出が無く、スパッと切ったかのように水平な堤頂部。

巻揚機は、ゲート脇の扶壁の内部に完全に隠される凝った仕様となっている。
低く構えた窓が要塞をイメージさせる。



天端は立入る事が出来ないが、下流側に向け2段の展望スペースが設けられている。
(上段には慰霊碑、それと崖から転落したのか、1匹の鹿が息絶えていた)



竣工時期からすれば奇跡的な白さの下流面、それはドーム型アーチの証。

上椎葉ダムと似た両岸の洪水吐。



しかし、重厚な上椎葉のジャンプ台とは違い、導流壁も薄く、軽い造形。ジャンプ台の裏面には空間があり、児童公園の滑り台に近い。

堤体表面との接合部を迂回する様に、キャットウォークがジャンプ台の裏まで伸びている。あそこからはどんな光景が広がっているのだろう。



そして、幾何学的な岩盤補強。
一ツ瀬ダムで、いや、九州全土で、個人的に最も観たかった部分だ。

全て平面で構築された複雑な造形は、近未来的でもあり、また、逆に古代遺跡の様にも見える。つまり、それは時空を超えた造形なのだ。

これが美しい造形かと言えば、違うかもしれない。
だが、無性に心を掻きむしる光景である事は間違いない。



左右に配したジャンプ台により、シンメトリーが強調され、きっといバランスの取れた美しい姿であろう一ツ瀬ダム。残念な事は、下流面からの全容が伺えない事だろうか。

だが、それがこの一ツ瀬ダムに他のアーチダムとは違う、ミステリアスな魅力を持たせている事も確かだ。



堤頂長415.6m、巨大アーチを広げる一ツ瀬ダム。

優雅でありながら、張り詰めた緊張感溢れるその翼は、成層圏を突き破るパワーを秘めているように見えた。

The Stratofortress.



一ツ瀬ダム
★★★★★


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム宮崎県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/467