無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
福沢桃介は、日本最初のダムマニアなのだ。

先日、木曽川は南木曽町にある、国指定重要文化財の「桃介橋」に行ってきました。

橋のたもとにある、電力王 福沢桃介についての展示施設「福沢桃介記念館」も、ついでに見学したのですが、これがとても興味をそそる、面白い所だったので少し紹介します。

福沢桃介が木曽川の電源開発に乗り出した時に建てた別荘で、大正8年に建てられました、大正13年に大井ダムが完成するまで、福沢桃介はこの別荘から建設現場まで通っていました。

2階部分は昭和35年に火災により焼失しましたが、平成9年に焼失部分が復元されています。もちろん、火災を免れた1階部分は大正8年の当時のままです。



入館料は300円、これは隣接する「山の資料館」の入館料が含まれています。

館内は、ガイドの方が付き添って、丁寧に説明して頂けます。
福沢桃介の生い立ちから、川上貞奴との出会い、この別荘での暮し・・・・。
結局、1時間半に渡りいろいろとお話して頂きました。
数々のエピソードに、映画1本丸々観たような感覚でしたが、これで300円とはなんともデフレスパイラル。
詳しい内容は是非実際に訪れて伺ってみて下さい。とてもお勧めです。

これはエントランス部分。
別荘なので贅を尽くした感じではなく、落ち着いた雰囲気。

NHK大河ドラマ「春の波涛」では、実際にこの建物内でロケが行なわれたそうです。



1階の廊下。
突き当たりが桃介の書斎。1階は全て洋室ですが、書斎は茶室を思わせる小部屋で畳敷きでした。
置かれてある桃介橋を描いた当時の油絵には当然ながら国道19号は描かれていません。

この部屋で、福沢桃介は木曽川の電源開発の夢を膨らませたのかもしれませんね。



各部屋には、福沢桃介や川上貞奴に関する展示の他に、読書発電所建設の写真や、大同電力の貴重な資料など、ダムマニア垂涎の展示が数多くあります。



福沢桃介に関する建物としては、この別荘の他に、本宅「二葉館」が名古屋市内で公開されています。

ガイドさんによれば、二葉館は、全ての部屋にそれぞれ違った意匠が施されており、
「それは、桃介が手掛けた多くの発電所のデザインが、一つとして同じ物が無い様に、各部屋が違った意匠が施されている」 のだそうだ。

これは、ダム愛好家として、思わずニヤリとしてしまうエピソード。

これは、この福沢桃介記念館のすぐ下流にある読書発電所。
国指定重要文化財の指定を受けています。



建設当時、ニューヨークでも最先端だったアールデコの影響が伺える、ゴッドファーザー大井ダム。



笠置ダム。
丸山ダムと大井ダム。二つのビッグネームに挟まれ、いまひとつ影の薄い笠置ダムですが、戦前のダムの中では間違いなく最も美しいダムのひとつ。

福沢桃介の美観へのこだわりは、単に構造物の表面に装飾を施したのではなく、装飾そのものに機能を組み込むに至る。



ここである事に気が付く。

電力王 福沢桃介は、自身が手掛けるコンクリートダムに対して、単なる「発電施設以上の価値」を見出して、それを追求していたのではないか。

つまり、福沢桃介は、我々と同じ「ダムマニア」だったのではないかと!!。

そう、福沢桃介は、日本最初のダムマニアなのである。
但し、既存のダムを巡り鑑賞する我々と、「作っちゃう」桃介氏とではマニアの次元が違いますけど。


さらに、それを裏付けるかのようなモノを記念館の外壁で発見。

記念館の一階部分。ここは大正8年の建設当時のままの場所。
コンクリートの柱の仕上げに注目。
なんと、洗い出しによってあえて骨材を露出させた意匠が施されている!。(見えない柱の裏側は、通常の打ちっ放しコンクリート面)

大正8年。コンクリートが住宅の建材として広く一般に使われるのはまだまだ先の時代。
既に福沢桃介は、コンクリートを美しく見せるテクニックを研究し、モノにしていたのだ。



福沢桃介は、初のダムマニアにして、さらに日本初のコンクリートマニアなのか!。



お問合せ
福沢桃介記念館・山の歴史館 TEL (0264)57-4166

「そうなのーっ」 とか、いきなり問合せないように(笑)

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム特別編 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/04/01 7:37 AM posted by: 夜雀
おはようございます。

なるほどな着眼点と観察力に吃驚しました。

これはコンクリートマニアには興味津々の建物のようですね。

大井ダムでアールデコを感じるのは天端もですが右岸の方位標ですね。
私、アールヌーヴォーよりアールデコ大好き派なので(大丸心斎橋本店は日本一のアールデコ♪)。

しかし多彩なコンクリートですね。

私は技術屋系の視点で様々なラプルコンクリートや骨材の粒子をテストして別荘をサンプルギャラリーにしたのではと思ってしまいました。

見に行かねば。

   夜雀 拝
2010/04/01 4:16 PM posted by: だい
まいどー、こんにちは!

桃介橋は渡られたんですか?(笑)
2010/04/01 8:01 PM posted by: あつだむ宣言!
こんばんわ。夜雀さん。

骨材が洗い出しになってる柱。
建物の床が高いのが判るでしょうか?

実はこの別荘は、かつての土石流の跡の上に建てられています。
別荘の上流に危険な沢があり、この建物が出来てからも土石流(蛇抜け)が起き、すぐ隣にあった教員住宅が流され3人亡くなられているそうです。

土石流が起きる直前の、予兆を捉えた貴重な写真もありました。
土砂がずれ動いた為、山林に土煙が上がっています(!)。
桃介記念館のはずが、何故か砂防系も学べたりします。

洗い出しの骨材。
もしやと思い、大井ダムのコンクリート断面の写真と比べました。良く似ていましたが大井の骨材は玉石の中に割り石も混ざっているので、少し違う様です。

桃介記念館は水曜定休で、ガイドの方は2人みえて交代で1人常駐だそうです。
先日は女性の方でしたが、ガイドにより当り外れがあったらゴメンなさい。


だいさん、まいどですー。

桃介橋。勿論渡ってきましたよ。
元々読書発電所の資材運搬用のトロッコが走ってた橋なのですごく頑丈で、僕でも余裕でした。

その日は、あともう1件、橋を観る予定でしたが記念館に2時間もいたら行けなくなってしまいました。

今年、桃介橋は長野県が力を入れて観光アピールするそうですから、のんびり見学するには今のうちかも。


2010/04/01 8:31 PM posted by: だい
まいどー!

行こうとしてたのは対鶴橋?東雲橋?
あつダムさんも古い土木系にハマってきましたね(笑)
やっとこれからオンシーズンなのでダム他色々にお互い頑張りましょう!
2010/04/02 7:55 PM posted by: あつだむ宣言!
まいどまいどでございますっ。

行くつもりだった橋は地元の吊橋です。
行こうと思えばいつだって行けるのですけど。

>やっとこれからオンシーズンなので

ええっ!?
だいさん、まさか、今までオフシーズンだったのっ!


2010/04/03 9:08 PM posted by: 夜雀
> だいさん今までオフシーズン

地味に笑った。

  夜雀 拝
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/441