無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
長沢ダム

堤高71.5m
G/P 1949年 四国電力

2010.2.12見学

長沢ダムは、吉野川本流の最上流部に建設された歴史ある発電用ダムである。
竣工は戦争による工事の中断を経て1949年の竣工。

かつてはダム職員の社宅があったというダム直下は、現在はひっそりとしている。



左岸のダムサイトに向かう。
管理棟の真下を新しいトンネルが開通していた。



天端より下流側にせり出した独特のゲートピア。
天端からえぐるように始まるバケットカーブ。



左岸の小高い所に鎮座する管理棟。
突き出した小部屋はダムを監視する部屋だろうか。
監視カメラなど無かった時代のダムなのである。



無言まま、押し黙るかのような何も無い天端通路。
手摺りも高欄と呼ぶより、壁といった風情。



下流を見下ろすと、この年代らしい丸みを持った減勢工が見える。
どこか荒削りな印象を受けるのは、コンクリートの色味のせいだろうか。



2門のクレストゲートの中央のピア上にゲート室が乗っかっている
四国のダムは、このように天端の高さでゲート室を下流にせり出して配置するダムが多い。
軍艦の艦橋のような風貌だが、勝手に「四国形」と命名。



両脇のピアは展望台のようになっている、残念ながら立入は出来ない。



堤体をダム湖側より。
恐ろしく凄みのあるコンクリートの表情。
1949年竣工なので一応戦後生まれのダムなのですが、とにかくその色と、ざらつき感が凄い。



右岸の高欄親柱。クサビ形のフォントが格好いい。
反対側の親柱には、同じ書体で長沢堰堤と刻まれている。




長沢ダムの発電は、ダム下の長沢発電所で行われるほかに、南方向に一山隔てた大森川ダムとの間で揚水発電が行われている。

今回の四国ダム巡りで、孤高のホローグラビティ・大森川ダムの訪問も予定していましたが、生憎ダムに向かう林道は通行止めでした。
いつかリベンジです。



長沢ダム。
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム高知県 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2010/04/04 3:22 AM posted by: ふかちゃん
大森川は南から攻めるべし!
もっとも工事の少ない区間であると信ず。
国道439→県道362→弘沢林道→大森川ダム→大森川林道→国道194
大森川林道は上りの通行は極めて危険(道路の轍深し)。故に下りで通行すべし。
我、このルートで2回の大森川到達に成功せり。大森川林道通行不可の場合、弘沢林道を戻るべし。
また、大森川到達時刻は午前8時過ぎと設定すべし。堤体下流面に朝日が差し込む時間帯なり。
以上
2010/04/04 10:10 PM posted by: あつだむ宣言!
ふかちゃん様

HGが好きなので、大森川はどうしても観ておきたい物件です。
夜雀さんから、道路事情の問い合わせ先などの情報も得ていたのですが、通行できないと解っていても、とりあえず行ってしまう性格なので、結局下調べせず行ってしまいました。
現地午前8時って結構ハードですよね。でもその分、燃えてしまう自分が怖い(笑)

年内なんとかリベンジするなり。
(あれ、僕が言うとコロ助みたいなりよ。)

2010/04/05 7:38 AM posted by: ふかちゃん
あつだむ様

私は前の晩に酒とつまみとおにぎり買いこんで、夕方6時過ぎに大森川に到着。ダムの横で車中泊してました。
朝に朝日が差し込むまで待って、写真撮って帰りました。2回も行ったのは、1回目の画像を誤って消去してしまったからです(涙)。
でも2回目に行った時の方が晴れてて良い画像になりました。
2010/04/05 7:56 PM posted by: あつだむ宣言!
ふかちゃん様 まいどです。

大森川のダムサイトで車中泊!
僕は根っからのビビリなのでドキドキして寝れないかも。
高速のSAでの車中泊にはすっかり慣れました。
問題はSA/PAだと、冷たいビールが入手出来ない事ですね(笑)

画像消去・・・うう、それは悲しすぎる。
2回目の大森川はきっとダムの女神が微笑んだのでしょうね。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。