無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
苫田ダム

堤高74m
G/FNAWIP 2004年 国土交通省

2010.01.09見学

パーフェクト。



苫田鞍部ダムを観た後は、もちろん本命の苫田ダムへやって来ました。
1月初旬の冷え込んだ朝、穏やかな湖面。

天端はそのまま車で通行出来ます。
夜間はゲートが閉められ通行出来ない様なので、とても早い時間に訪れる時は注意が必要です。

取水設備などの建物が低く抑えられ、とてもスッキリとした天端。街路灯の柱のような物もありません。
凍ったアスファルトは半端なく滑るので、サマータイヤの方は要注意です。
まずは、車を停める為、そのままパーキングがある右岸まで進みます。



駐車場に車を停め、目前のラビリンス式洪水吐を観て驚く前に、度肝を抜かれたのが管理棟のデザイン。
展示施設も併設された管理棟は超が付くモダン建築。建物だけでなく、駐車場からのアプローチや、展望テラスなど、空間が総合的にデザインされています。当然バリアフリー。
手前側の半地下にある展示室へは、モダンすぎて入口が判らず、開かないガラス窓の前で自動ドアが開くのを待ってしまいました。(恥



安藤忠雄風のモダン管理棟の凄い所はデザインだけではない。ノアの箱舟のような建物を支える柱には、最新の免振技術が使われています。
ダムの頭脳として完璧な地震対策です。



すっかり管理棟ばかり観ていましたが、ここで改めてダム本体を眺めます。
丁度、朝日が堤体に射してきました。
2004年竣工のまだまだ新しいコンクリートが朝日に輝きます。



天端を散策します。
取水設備の屋根がテラスになっていて、そこから眺めるラビリンス式洪水吐。
ジグザクの越流部分は前後に深く。天端通路はダム軸から下流側へオフセットした位置にあります。
その為、下流面よりこちらのダム湖側の方がコンクリートの複雑な造形をしっかりと鑑賞できます。



鋭角なラビリンスの先端。
あらゆる土木建築の中で、こんな造形を魅せるコンクリートはこの苫田ダムだけでしょう。
越流部分を乗り越えた水は、垂直の壁を落ちる感じになるので、流麗と言うよりも、豪快な放流になるのではと思います。



クレストの洪水吐と共に、苫田ダムで特徴的なのが堤体中央に置かれた引張式ラジアルゲート。
圧縮よりも引張に強い鋼材の特性を活かす構造なのだそうです。
堤体保護にステンレスが貼られていますね。



この2門ある引張式ラジアルゲートの間には、ガラス張りの一室があり、堤体内エレベータを使って中に入る事が出来ます。
外観からはゲートの機械室かなと思えば、一般見学用に仕立てられた展望室なのでした。
結露取りのハンディワイパーまで用意される細やかな配慮に感激です。

FNAWIP 治水・利水に多くの目的を持つダムですから、是非多くの人に足を運んで見学して頂きたいです。



ダム湖側の予備ゲート群。
苫田ダムは、引張式ラジアルの他に、2門のコンジットも装備しています。
毎秒20㎥までの放流は利水放流設備から、それを上回り毎秒100㎥までは引張式ラジアルの水位維持放流ゲートが加わり、さらにそれ以上となれば、一番下のコンジットが開けられるようです。



天端から望む奥津湖。
ダムにより建設された代替道路も、極力自然の山の斜面を残した、環境に配慮したものに見えます。



照明が高欄に埋め込まれ、管理棟に負けないモダンな天端。
このくらいシンプルにまとめないと、複雑な形状の洪水吐なので煩雑な印象になってしまうんでしょうね。

ビルトインした照明の下には開口部があり、天端の足元を照らすと同時に、夜間、下流から堤体を見上げた時のアクセントとなる仕組みです。デザイン上手過ぎです。



最後にダムの下へ降りてみました。
車でかなり迂回する必要がありますが、芝生の広場があり、正面に架かる橋からダムを眺める事が出来ます。
副ダムから溢れる利水放流が美しいです、天然石を配置した下流も良いですね。

堤体を眺めると、ラビリンスにばかり目を奪われますが、よく見ると中心付近の4門は通常の自然越流式の洪水吐となっています。




従来のダムのイメージ覆す、スタイリッシュなデザイン。
それを裏打ちする最新鋭の技術。そして見学者への配慮。
どこにもスキを見せない完璧なダムなのでした。

苫田ダム
★★★★★


おまけ。
パーキングのトイレもこのお洒落さ。
これがダムなのですか?そう、これもダムなのですよ。

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム岡山県 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/02/19 8:17 PM posted by: 夜雀
こんばんはです。
とまたんは完璧。
とまたんはダム会の宝物。

ラビリンス放流は国内トップの美しさ。
素晴らしいとしか言えません。

しかし
私だけじゃなかったのか。
私もね
苫田ダムのトイレの写真撮っているんですよ。
凄い綺麗だったので。
アングルもほぼ同じ。

ここのトイレ、光が差し込むと異様に綺麗だよねー。
絶対、採光考えてデザインされているよねー。

他にもトイレ写真撮っている人いないのかな?

  夜雀 拝
2010/02/19 11:30 PM posted by: あつだむ宣言!
夜雀様 こんばんは。

如何ですか?男性用トイレは。

女性用がどうなっているのか?見たかったけど我慢しましたー。

もし和式だったら、お尻がスースーしちゃうんじゃないかと、もう、気になって気になって(笑
2010/08/23 2:41 PM posted by: かなきち
元関係者です。トイレをほめていただきありがとうございます。ここは元骨材調整プラントでした。その跡地を再利用しトイレへと作り変えました。

ところが関係者だったにもかかわらず、トイレには入ったことがありません。
2010/08/23 5:42 PM posted by: あつだむ宣言!
かなきち様
はじめまして、ブログご覧頂きありがとうございます。

とても清潔感のあるデザインで、僕は気持ち良く使わせて頂きました。

良いデザインのトイレは使う側も汚さないように使うと思うので、その効果は大きいですよね。

ご自身では使った事が無い・・・案外そういう物かもしれませんね。次は是非ゲストとして訪問されては如何でしょうか。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/391