無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
七北田ダム

堤高74m
R/FNW 1984年 宮城県営

2009.10.11見学

またいつの日にか。



大倉ダムに向かう途中、突如目の前に現れたロックフィルが七北田ダムであった。
この日、見学のつもりは無かったのだが、目前にある巨大ダムを見逃す事はないだろうと、まず脇道から写真を撮る。

この日は強行スケジュールの為、予定外の物件をゆっくり見学する時間が無く、(既に、予定していた南川ダムを時間の都合で諦めたところだ)まずは先に大倉と青下の3ダムを先に見学する事にした。それらとは目と鼻の先なので時間があればまた戻って来れるだろう。

そして再び戻る頃には、早い秋の夕暮れとの競争となった。


夕暮れは黒々としたリップラップをより濃く観せ、ススキが寂しそうに揺れている。
上のところでV字に広がる洪水吐、詳しくは見えないが放流ゲートの他に越流式の非常用洪水吐があるようだ。



下流から左岸に見える管理棟へ向かうが、天端は普段から立入禁止の様だ。
立入禁止のゲート越しに堤頂部を見ると、手摺りやガードレールも無いシンプルな仕立てをしている。

何枚か写真撮影を試みるが、辺りはすっかり夜の帳が降りてしまいここでタイムアップとなった。

ここ七北田ダムの湖畔には美しいイングリッシュガーデンの泉ボタニカルガーデンがある。
こんなダムが地元にあれば、我が家の定番スポットになりそうだ。

七北田ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム宮城県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。