無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
胆沢ダム

堤高132m
R/FNAWP 2013年 国土交通省

2009.10.11見学

世代を超え受け継ぐもの。



胆沢ダムは、日本で最初に着工されたロックフィルダム 石淵ダムの2km下流に建設中の大規模ロックフィルである。胆沢ダムの完成により、石淵ダムは日本で最も長い歴史に幕を下ろす事となる。

胆沢ダムは完成すると堤高132m、堤頂長さは723mにも及ぶ巨体で、堤体積は徳山ダムに次ぐ日本2位のスケールである。

訪れた2009年10月の時点で、ダム本体の盛土工事はほぼ終了しており、洪水吐や管理棟などの付随する設備工事を中心に工事が行なわれている模様であった。



この先の石淵ダムへ向かう為、胆沢ダムの左岸ダムサイトから上流へ向かう。
胆沢ダムのダムサイトは屋外展望台が完成しており、曜日や時間帯によって既に利用が可能かもしれない。(訪問時は日曜の早朝)

石淵ダムへ向かう道すがら、いずれ沈んでしまうダム湖の底からその巨体を見上げる事が出来る。



非常用洪水吐の越流部を湖底から眺める。
ちょっと不思議な光景。



胆沢ダム、竣工が待ち遠しいダムである。完成したらまた訪れたい。
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム岩手県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/01/08 12:07 AM posted by: 安部塁
こんばんは。
もうこんなに成長したのですね。
このような姿を拝見でき感無量です。
試験湛水が始まる前に一度訪れてみたいダムです。
2010/01/08 5:34 PM posted by: あつだむ宣言!
安部塁さん、こんにちは。
今年もよろしくお願いします。

思っていたよりも工事が進んでいて驚きました。
なかなか見れない風景が観れて楽しかったです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/337