無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
夏瀬ダム

堤高40m
G/P 1940年 東北電力

2009.10.10見学

神代ダムを後に上流の夏瀬ダムに向かう。
神代ダムの湖畔沿いのダート路は幅も狭くガードレールも充分ではないが、この先に温泉宿がある為対向車もあるので注意が必要だ。
暮れ掛けた日差しが眩しい。



夏瀬温泉への分岐から先は神代ダムと同じ様に関係者以外の車両は進入禁止。
ダムまでは300m程度なので再び徒歩で向かう事にとした。
狭い洞門がおっかない道を進むと、程なく夏瀬ダムの発電所の門があり、そこから先は立入る事が出来ないが、まだここからは一切ダム本体は見えて来ない。

門から右の脇道を下ると河原へ降りる事が出来るので行ってみる。川の中を横断するので長靴が必須。増水時は入らない事。
左に発電所、右奥に夏瀬ダムが見えて来た。



神代ダムとは同年に竣工し、姉妹ダムとも言える夏瀬ダムだが、幽閉のプリンセスのような色気は無い。

ピア橋桁部にもアーチ状の壁面は無く、神代と比べその表情は素っ気なく感じる。
玉川ダムの本格的な中和事業以前は現在よりもpHの高い酸性水にさらされていたはすであるから、後から改装され装飾的な部分は排除されてしまったのだろうか。(憶測です)

どうやら堤体が見えるのはこの位置しか無いようだ。
ダム湖側からしか姿が見えないダムは多いが、一切湖面の様子が伺えないダムも珍しいと思う。



森の木々に埋もれるように佇む夏瀬ダム。
河原の水は透き通り、砂利もシャラシャラと心地よい。
夏瀬ダム、なんと心地よい響きの名前なのだろう。もし次に訪れる機会があれば、盛夏の季節がいい。そんな事を思いつつダムを後にした。

夏瀬ダム


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム秋田県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。