無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
浄土寺川ダム
 堤高72m
G/FNW 2008年 福井県営

2008.8.30見学

新鋭シビックデザイン



2008年に竣工したばかりの新鋭ダムである。

本来なら堤体は真っ白のはずであったが、見学時あいにくの雨天だった為、写真のようなすこしくすんだ色になってしまった。

前日からの雨の影響か、オリフィスから美しい放流がみられた。

堤体は観られる事を意識したデザインで縦スリットが刻まれ、よりスマートな印象を与えている。
近年竣工のダムの中には、見た目の意匠に力を入れた堤体がいろいろとあると思うが、デザインの味付けとしては、このくらいの控えめな味の付け方でも十分美味しく戴けるんじゃないかと思う。

個人的には、食べ物も薄味が好み。

見学時はまだダム歴が浅く気がつかなかったのか、改めて見るとエレベータが上に突き出ていないですね、天端の入り口はどうなっていたのだろう。
その事もあり、よりすっきり薄味に仕上がっています。

訪れた時は日曜の朝で、丁度当直の職員の交代時間の様でした。
「お疲れさまでした〜」声を掛けると、職員の方はちょっと照れくさそうでした。
管理所もなかなか趣味の良いモダンな感じで、当直勤務も快適でしょうね。

案内看板によると、目的のひとつとして、勝山市の観光客の増加に伴う飲料水の供給・・などの目的もあるとの事。湖水を眺めながら「どんだけゴクゴク水呑むんやー」と、思ってしまった。
元々安定した水源に恵まれていない土地だったんでしょう。

ダムカードのランダム情報では冬季は流雪用水としても使われるとあるのですが、ダム目的にSの字が無いですね?。

すっきりとした味付けが美味。名前が寺だけにどこか精進料理をイメージさせる。
浄土寺川ダム
★★
| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム福井県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。