無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
鎧畑ダム

堤高58.5m
G/FP 1957年 国土交通省

2009.10.10見学

ステンレスの鎧。



田沢湖の北、玉川ダムの下流にあるのが鎧畑ダムである。
塩酸・硫酸分を含む酸性河川 玉川に造られたダムで、耐酸性のコンクリートや、ステンレス鋼の使用など酸性水対策が施されている。

手前の白い建物は発電所ではなく利水放流ゲート、上流の玉川ダム建設に合わせ、放流量が見直される事となった。ゲートの追加には湖水を貯めたまま堤体に穴を空ける工事が1989年から2年にかけて行われたそうである。

コースターゲートの遮水部が鋼製のテラス状になってる。材質はステンレス鋼でしょうか。
一番奥が、追加された放流ゲートの予備ゲートだと思います。



管理所の下に不思議な階段、どこまで続いているのか。
巡視艇を係留しておく階段だと思うのですが、今日は船も浮き桟橋も見当たりません。



蒼い湖水に昼下がりの秋空が映える。
この上流に玉川ダムがあります。



鎧畑ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム秋田県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。