無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
二庄内ダム

堤高86m
R/A 1995年 農林水産省

2009.10.10見学


二庄内ダムは浅瀬石川ダムのダム湖へ流れ込む二庄内川に造られた灌漑用のロックフィルダムである。
浅瀬石川ダムの湖畔からダムへ向かう林道に入ると、いきなりのダートだが気にしないで川沿いに奥へ入る。

1キロほど入ると路肩の空き地に看板がある。
以前、この場所にあった大穴ダムの案内である。
堤体の写真を見るとロックフィルのようにも見えるが、竣工の時代からするとアースダムだろう。



看板にもある通り、目指す二庄内ダムは1995年と、比較的新しい方のダムだと言うのに、この道の悪さはどうだろう。
特に、看板の先に数軒の建物があり、そこから先は只でさえ狭いダートなのに、道の両脇から雑草が・・・。



自宅からおよそ1.050Km。ここで怯んでいては折角ここまで来た甲斐が無いと言うもの。
草を刈っていないだけなので、たぶん太い木や枝は無いに違いない。(だろう)

わさわさわさわ・・・・がさがさがさ・・・・・



うっ・・・。
道幅いっぱいに広がる水溜り・・。一度車を降りて水深を確認したいのだが、車の両脇は背丈より高い雑草に阻まれドアも開けられない。

退却〜。と、言ってもUターンも出来ないので今来た道を延々バックで戻る・・・。

わさわさわさわさ・・・・がさがさごそごそ・・・・・ごりごりごり・・・・ぎぎぎぎぎ・・・・きゅ〜ん、がっがっ・・・・汗。

デミオ号のボディがどうなったかは、想像にお任せ致します。ぐっすん。



諦めて再び浅瀬石川ダムへ戻る帰り道。
位置的に大穴ダムが撤去された場所あたりだと思う。

青森の秋の朝。深い森いっぱい眩いばかりに朝露が輝く。
デミオ号のボディはちょっと悲しい感じになっちゃったけど、なんとなく許せてしまう美しい朝なのでした。

この後、現地の軽トラとすれ違う。二庄内ダムへは軽四駆が一番良さそうだ。
帰宅後、地形図を再確認すると、引き返した地点からでも、落葉した時期であればダム本体が見えそうな事が解った。
あるいは徒歩で向かっても良かったが、この日は時間の都合で断念しました。

※本ブログは実際に見学した物件のみをアップしていますが、今回は未踏物件ですが特別に記事にしました。

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム青森県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/12/26 10:14 PM posted by: 東日流人
あそこですか・・・ホントに「何の冗談だ!?」っていう道ですよね。お気の毒様です。

私も以前行った時、雨上がりで道路が沢(っていうか土砂崩れ現場)になっており、車で泥の滝を下るという恐怖の体験をしました。ブルブル・・・
2009/12/27 7:05 PM posted by: あつダム宣言!
あの道は普段からハードなのですね。

台風の後だった事もありますが、逆に燃えてしまう自分が怖い。

年末ジャンボ当たったらジムニー買うぞー!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。