無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
浅瀬石川ダム

堤高91m
G/FNWP 1988年 国土交通省

2009.10.10見学

林檎ダム。



浅瀬石川ダムは、青森県を代表するダムである。

前日から丸一日かけてたどり着いた青森県。
その晩は津軽SAで車中泊し、朝を待って黒石インターを降りる。ETCの料金表示は¥1.000-。

実は、産まれて今まで東北の地を踏んだ事がなく、そんな未到の地に興味もあって連休を使って遠征してみました。福島まではこの夏に田子倉へ行ったけど、それより東も北も僕にとっては未知の領域なのである。

「浅瀬石川ダムは、クレストの建物がピンク色に塗装されている・・・」
先日予習で、便覧で見た記事を頭の中で反すうしながら、インターから浅瀬石川ダムへの道を走る。
遠くには岩木山の雄大な景色、道路脇の斜面はそこいらじゅう、りんご、リンゴ、林檎畑。

青森県津軽ときたら、やはり特産はりんごの様だ。
そのうち遠くに岩木山にも負けない、堂々とした堤体が見えて来た。

やや西向きの堤体なので、太陽が昇る前に正面を撮影するため、今回は最初にダムの真下へ向かう。脇道からやや細い道を下ると、狭い耕地を使って、ここにもりんご畑・・・・。

わっ、これは!



そう、クレストの塗装色はピンクなんかじゃない。これはりんご色なのです!。

普通、りんごの色は赤だと思うけど、ここ津軽で栽培される「ふじ」は、真っ赤じゃなくて、ほのかな赤色をしている。浅瀬石川ダムの塗装色は、まさにその「ふじ」の色なのでした。

多目的ダムである浅瀬石川の堤体はクレストに4門のラジアルゲートに、センターにオリフィス、2門のコンジットとフル装備。広く深い減勢工が、りんご色の塗装とは裏腹に実に男っぽい。

車で管理棟のあるダムサイト右岸まで上がってきました。
まだ早朝の6:00。さすがに展示施設も閉館中で、ダムカードもゲットならず、仕方なし。

管理棟側から見た天端、向かって右が下流面。
両岸に放流や取水の設備が立ち並び、例のりんご色の効果もあってテーマパークの通りみたいに見える。USJでこんな通り無かったっけ?。



りんごは塗装色だけじゃなくて、至る所のモチーフに使われています。

それに、クレストの建物の形状、屋根の部分の角が大きく面取りされて、一つ一つが丸いイメージなんですね。色だけじゃなく、形状もりんごをモチーフにしているみたいです。



心が和むディティールの浅瀬石川ダムですが、早朝の秋の湖面は冷たい表情。
やはり北国なのだ。



ふじりんごの産地、津軽の浅瀬石川は郷土愛にあふれるすばらしいダムでした。
地元の方にとって、りんごと同じくらい親しまれている事でしょう。

浅瀬石川ダム
★★★★



| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム青森県 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2009/12/25 6:42 PM posted by: 東日流人
1枚目の写真、この角度は例の吊り橋からですね?あのぐらいの高さなら大丈夫でしたでしょうか。撮影ポイントに恵まれているのも美点と思います。

ダムカ貰えませんでしたか・・・時間を選べない遠征の辛さですね。もし宜しければ私の予備をお送りしますよ?貰える資格はあるわけですし。
2009/12/26 8:17 AM posted by: あつダム宣言!
東日流人さま。

吊橋、よくご存知で流石です。
しっかりした吊橋なのでなんとかokでしたー。
頻繁に来る事が出来ない所なので多少の無理はします(って、大した事ないですね 笑)

ダムカードありがとうございます!。
東日流人さんは沢山集めているのですか?
早朝から活動しているので貰えない事は何時もの事なので諦めています。

いつかトレードしましょう、僕も複数あるカードも幾つかありますので。
とりあえずお気持ちだけ頂きます。

2009/12/26 12:03 PM posted by: のい
りんご!
あの面取りはそういうことなのかと、いま腑に落ちました。^^;
2009/12/26 4:54 PM posted by: あつダム宣言!
そうなのです。
そう思うとりんごに見えて来るでしょ〜。

そちらは雪どうですか?
腑に落ちても良いけど、雪で隠れてる側溝とかには落ちないように。(笑

name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。