無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
間瀬湖

堤高27.5m
G/A 1936年 埼玉県営

2009.9.5見学

傘の花咲く。



間瀬湖は重力式コンクリートダムでなりながら、名称にダムが付かないちょっと変わったダムである。
歴史は古く戦前の竣工。
農業用の古いコンクリートダムとしては滋賀県の犬上川ダムが思い浮かぶが、間瀬湖は犬上川ダムよりも10年早い1936年の竣工である。

当時としても非常にモダーンであったに違いない洒落た取水設備が見える。



天端は自動車でも通行可。
この時代のダムで天端がこれだけ広いのは珍しいが、クレストゲートが自然越流式だから出来た事だろう。
左岸寄りの洪水吐の真上はグレーチングとなっており、吐きの越琉部がシースルーとなっている。
グレーチングを起こせば越琉部の上に降り立つ事も出来るみたいで、ここから漂流物の除去などを行うのかもしれない。

間瀬湖のクレストは、高覧の装飾が素晴しい。
神戸の山田池、上田池ダム、犬上川ダム右岸のフェンスなど、装飾の施されたディティールは古い灌漑用コンクリートダムに共通するもので、完成当時、ダムが住民にどれほど待望されていたのかを物語るものであり、人々の喜びを現しているように感じる。

天端から湖面を眺める。



間瀬湖はヘラブナ釣りが盛んで、特にボートから銀鱗を狙うへら師で賑う。
湖面に咲く傘の花。

違うアングルで傘と堤体を抑えようと湖畔に移動したが、丁度時刻が午後3時を回り、ボート屋の定めた納竿時間となった様だ。カメラを構えた頃にはすっかり傘の花は畳まれてしまった。



ダムの下流面は左岸の道から降りる事が出来る。



下から見上げる間瀬湖。洪水吐のゲート部分は交互に扶壁が並ぶ複雑な造りとなっている。
また、導流壁も複雑なカーブを描き凝った形を見せる。
高さ30m程であるが、ずっしりと重みを感じる堤体である。



ふと、メタリックブルーの美しい鳥が横切った。
カワセミを見たのは産まれて初めての様な気がする。

間瀬湖
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム埼玉県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/305