無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
古谷ダム

堤高48.5m
G/FN 1982年 長野県営

2009.9.5見学

硬質硬派。



長野県営 古谷ダムは、長野から群馬へ向う国道299の道路脇にある。
それも、これでもかと言うくらい道路脇にあり、ダム管理所やパーキングは国道を挟んだ山側の道向かいと言う具合。だから、このダムに向って道に迷う事はありえないだろう。

自然越流式のクレストゲートが4門。ダム中心のやや下側にオリフィスが1門、ダム湖側にはコースターゲートも見える。

堤高はアンダー50mの規模だが、なかなか堂々と風格さえ感じるのはクレストにほとんど突起物がなく、スッキリとしている為だろうか。
ダムの端から眺める堤頂長162mの天端は、両側の高覧が一気に対岸まで伸び爽快感がある。

天端は徒歩で通行可能。



クレストゲートの扶壁の上なのですが、何がぶら下がっているのでしょうか??
棒を引き抜いてみたい衝動にかられるが、勿論そんな事しちゃダメです。

やっぱり僕は重力式コンクリートダムのフーチングが好きみたいだ。
前後に長い、ステージの様なフーチング。各段のピッチが不揃いなのもまたいい感じ。



古谷ダム。
長野県からはこの先、十石峠を越えると群馬県である。

★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム長野県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/300