無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
余地ダム

堤高42m
G/FNW 2003年 長野県営

2009.9.5見学


平成スタンダード。



長野県の群馬との県境近くにある、長野県営の新しいコンクリートダムである。
シンプルでクリーンなデザインは、昭和の重鎮ダムを見なれた目では少し物足りないかもしれない。
細いスリットみたいなオリフィスと、自然越流の非常用洪水吐、どちらもシンプルな造形。

きれいに舗装ブロックが敷かれる天端から下流を見下ろすと、とてもコンパクトな減勢工が。
今まで、T字形とかL字形は見た事あるけど、この形状は初めて、表現するなら立体M字形。
減勢工の中にフーチングの続きがあったりするのも面白い。



天端には取水設備の建物があるが、ざっくり感漂うデザイン・・・(してあるのか?)



1990年着工、2003年完成の余地ダムは、平成生まれのスタンダードかもしれない。
だけど、昭和生まれのおじさんとしては、ついつい「最近の若い者は・・・」と、口にしてしまう。
そんなダムなのでした。

余地ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム長野県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/299