無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
長島ダム

堤高109m
G/FNAW 2001年 国土交通省

2009.8.29見学

HERO。



長島ダムは大井川に建設された国土交通省の多目的ダムであり、10基以上ある大井川水系のダムの中で唯一発電を目的としていないのも特徴である。

ダムサイトには公園が整備され、県道や日本で唯一のアプト式鉄道からは、ダムか造る美しい景観をパノラミックに眺望できる。
幾何学的な外観が特徴の重力式コンクリートの堤体は、堤高109m 堤頂長308mと堂々としたもので、巨大な減勢工に架かる吊橋の上から迫力ある姿を鑑賞できる。

クレストの控えめな2門のラジアルゲートに比べ、ずらりと並ぶ6門のコンジットが勇ましい。
長島ダムを見るのは今回2度目(前回はアプトラインからの車窓越し)だが、本日も前回同様、減勢工左の低水放流設備から放流が見られた。



そして目を見張るものがある巨大な副ダムのブロック部分。
この様な形状となる理由は解らなかったが、いつか6門のコンジット全開(6.590㎥/sec)を見てみたい。

広く開放的な天端はもちろん自由に散策ができ、国土交通省の新鋭ダムらしく複数の展望スペースが用意される。
その中でも中心部分の展望スペースには、下流面からオーバーハングして設置された一角があり、しかも床部分がグレーチングのシースルー構造。
完全に腰が引ける高所恐怖症の難儀なダム愛好家。




見所いっぱいの長島ダム。
ダム湖側のコースターゲートも、これだけ並ぶのはこの長島ダムだけかもしれない。



素晴らしい自然環境の中の、公園のような美しいダム。
力強く、真面目、そして優しい優等生、長島ダムはそんなダムである。

長島ダム
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム静岡県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2016/06/17 8:05 PM posted by: ますたぁー
副ダムのブロック部ですがもともと岩盤がそこにあってコンクリートで覆っています。なのでゲート開けるときは左岸側からあけるそうです。
2016/06/20 3:10 PM posted by: あつだむ宣言!
ますたぁさま
ご無沙汰してます。

なるほど、ブロックの中は岩盤が入ってる訳ですね〜、納得しました!!

ありがとうございます。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/297