無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
笹間川ダム

堤高46.4m
G/P 1960年 中部電力

2009.8.29見学

レゴの中級クラス。



笹間川ダムは、沢山のダムがひしめく大井川水系で、一番下流にあるダムである。

ダムの高さよりも長く、そして真っ直ぐに伸びた減勢工が印象的。
ダム本体は、直線基調のデザイン。ゲート周辺の造形がメカニカルで、細部を目で追って眺めても飽きない。
もしも、レゴブロックにダムシリーズがあれば、5000円くらいのキットにありそうな感じ。

クレストのラジアルゲートは中電の裏定番カラーのグレーに塗装される。左岸側のゲートはフラッシュボードが付いている。
高い導流壁の内側には謎の穴。3箇所ある穴の内ひとつからは河川維持の水が常時流されているようだ。

天端を渡り左岸に行くと、発電所への送水口がありフェンス越しに湖水が送られてゆくのが見える。



それほど大きなダムではないが見所の多い笹間川ダム。
個人的にちょっと嬉しかったのがこの左岸の法面。規模こそ違えど、上流の井川ダムの左岸とよく似た法面だったりする。
さらに、対岸の右岸もまたいい表情。



右岸には、ダム建設時の遺構らしきトンネルがあり、現在はキノコの栽培に活用されている。

個性的なコンクリートダムが揃う大井川。
笹間川ダムは、訪問前はフツーのダムだと思っていたが、行ってみると、なかなか侮れない個性的なダムなのでした。これだからダム見学は面白い。

笹間川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム静岡県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/294