無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
小口川ダム

堤高72m
G/P 1981年 北陸電力

2009.8.8見学

異端児。



この日は年一回の有峰森林文化村祭りの日、イベントの一つとして「有峰ミステリーツアー」と題した、有峰ダム堤体内見学に参加した。
文化村祭りの日は有峰林道が、イベントのチラシがあれば無料で通行えきる。
岐阜県から県境を越えて現地入りする僕の場合、事前にイベントのチラシを入手するのは難しい。
料金所で「チラシを持っていないが祭りに行く」と告げると、わかりましたと、その場でチラシを頂き、無料で通行する事が出来た。毎年そうなのか不明だが、チラシは料金所にも用意されており、持参していなければ申し出れば良い様だ。

有峰ダム見学を終え、小見線で新中地山ダムを目指したが、予想していた通りダムへ向う脇道は関係者以外立入禁止でダムを見る事は出来なかった。
そして一旦有峰口の亀谷ゲートから有峰林道を出て、小俣ダムを見学後に再び水須ゲートから小口川線を登って小口川ダムへ到着。通行無料だから出来る見学ルートである。
ダム下のパーキングには有峰ミステリーツアーで本日同行して頂きました愛好家のkao氏が先着しておられました。

さて、小口川ダムである。
クレストのラジアルゲートとその間のコンジットゲートが複雑に寄り集まっている感じは、北陸電力のダムとしては珍しいタイプで、長野県の県営ダムに多いデザインだが、堤高がそこそこあり、また違った迫力がある。

壁の高い減勢工の右岸脇には建設時の骨材選別などの施設跡だろうか、コンクリートの遺構が残る。
またダム下のパーキングスペースには神社やバルブの野外展示、あと扉が閉められたままの展示兼倉庫などがある。

左岸のフーチング。手摺りなしのシンプルな階段が深い山中の発電堤体らしく魅力的。



湖畔には小俣ダムと同じ様に発電所(有峰第二発電所)があり直接水が流れ込む。

王者有峰を筆頭に、どこかに有機的な曲面を持ったダムが多い北電ダムの中で、直線だけの組み合わせのシャープな表情が恰好良いダムでした。

ところで、「東電」は東京電力。「東」を使われてしまった東北電力が「北電」。
なので北陸電力は北電ではなく「陸電」が正しい???

小口川ダム
★★★



| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム富山県 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2009/11/25 8:45 PM posted by: 夜雀
こんばんはです。

確かにー
ドメイン見たらー
rikudenですけど
私は北電は北陸電力だと思ってますぅぅ。

このネタは昔、うちのBBSでも出ましたが
北海道電力は道電
東北電力は東北電?
東京電力が東電
中部電力が中電
北陸電力が北電or陸電
関西電力が関電
中国電力が国電
四国電力が四電
九州電力が九電
でしたっけ?

中の人に聞いてみよう。
そうしよう。

  夜雀 拝

2009/11/25 9:06 PM posted by: あつダム宣言!
わんばんこです。

この秋に東北に行った後、rikudenのドメインを見てはたと思ったのです・・・。

最初に東京電力が「京電」と名乗ったら全て丸く収まったのですけど・・・。

やっぱり北陸電力は北電がしっくり来る〜。
2009/11/25 9:33 PM posted by: ひろ@
北陸さんはテレビ見てるとフツーに「ほくでん お天気情報」とかやってるし、地元では北電で通ってますね。

あと、中国電力は昔から「エネルギア」ってサブネームを前面に出してアピールしてますね。ドメインはenergiaです。
地元人が中国電力を「ちゅうでん」って言うことはほとんどないです。「こくでん」って言うのは聞いたことないです。たぶんみんな略さないで「中国電力」って言ってると思います(笑)

一般人としてのコメントでしたw
2009/11/25 10:45 PM posted by: 安部塁
あつだむ宣言!様
毎日ブログを更新され、大変御苦労さまです。
これからも、期待しています。

さて、東北電力さんの略称ですが、
もしかすると単に『電力』かもしれません。
仙台駅で、「電力ビルまで」と言ってタクシーに乗ると
東北電力さんの経営しているビル(旧本社屋?)まで簡単に連れて行ってもらえます。
2009/11/25 11:52 PM posted by: あつダム宣言!
なるほどー。
無理に略名を当てはめようってのが素人考えなのかもしれませんねー。

東京電力もテプコって名乗っていますし。

安部塁さま。
いえいえ、ご覧頂きありがとうございます。
お言葉の通り少し苦労しております(笑

見学からだいぶ時間が経った時期に書いていますから、忘れてしまった事もあるかもしれませんが、改めてそのダムについて調べたり、これもダム趣味の楽しみ方の一つかなあと思っています。

年内がんばって書きますよ〜。
よければまた見てください。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。