無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
広瀬ダム

堤高75m
R/FAWP 1974年 山梨県営

2009.8.6見学

秩父ダムエリアの玄関口



国道140を埼玉県方面へ北上すると、突如切り立った洪水吐が見えて来る。
山梨県営の多目的ダム、広瀬ダムである。

ダム本体はロックフィル、洪水吐は右岸側の少し離れた所にあり、右岸には公園が整備されている。

左岸のパーキングに駐車してロックフィルの堤頂部を歩く。
実はこのパーキングやトイレ等も堤体のロック材の上に作られているようだ。
そこからダム湖側にある取水塔まで堤体が変形した形になっている。



ロック材は比較的小さめ、未整形タイプの表面には所々雑草が生える。
堤体の真下には発電所があり、グランドが広がっている。

堤頂部は舗装はされているが、一般の車両は進入禁止。管理棟はダム本体を渡った右岸側にある。
放流設備はガッチリしたピアに大型のローラーゲートが2門。それと平行して自然越流式の吐が並ぶ。

この広瀬ダムを過ぎ雁坂トンネルを越えると滝沢ダム、二瀬ダム、浦山ダムが待ち構えている。

広瀬ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム山梨県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/261