無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
須田貝ダム

堤高72m
G/P 1955年 東京電力

2009.6.27見学

須田貝 ナイスGUY。



奈良俣ダムを満喫し、少し下流から別の川筋に入り矢木沢ダムを目指すと姿を見せるのが、この須田貝ダムである。

奈良俣、矢木沢と比べ、見学開放度が高くないのは残念だが電力会社のダムであり仕方ない。

矢木沢ダムへ向う道は、須田貝ダムの直下を通るが、フェンスの向こうの変電施設も邪魔して堤体の全景を拝見する事はできない。

この先、下流の橋を渡るとそこから先は矢木沢ダムの管理道路となっている。

管理道路の峠道からも須田貝ダムのクレストは見えるのだが、減勢工の辺りはやはり見えない。
実は高さ71mと以外に高い堤体なのだ。

内、外、関係なく同じ形の扶壁が4枚並ぶラジアルゲートは白く塗装され、細かい鉄骨が魚の小骨の様だ。
天端の高覧もその時代を感じさせるもので美しいと思う。

写真で見ても、実物を鑑賞しても、この須田貝ダムは他のダムより下流面の傾斜が緩く見えるのだが気のせいだろうか?。

この須田貝ダム、竣工当初は楢俣ダムと名乗っていたが、後に当て字で漢字を変えただけの奈良俣ダムと混同される為、後輩のダムに「ならまた」の名をゆずり、須田貝ダムに改名したのだという。
うーん、ナイスGUY 須田貝。

呼び心地が良いので車中で、♪すだがい すだがい ないすがい〜♪ と矢木沢ダムまで連呼する壊れた愛好家。それもこれもご機嫌な奥利根のダムが悪いのだ。

須田貝ダム

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム群馬県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。