無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
中之条ダム

堤高42m
A/AP 1960年 群馬県営

2009.6.17見学

密度感、タフなアーチ。



中之条ダムは、利根川水系四万川にある、かんがいと発電を目的としたアーチダムである。

四万街道(国道353)沿いにある管理事務所とパーキングから下に降りると、小柄ながらガッチリとしたアーチが姿を見せる。

クレストにはラジアルでなはく5門のローラーゲートが並ぶ。
この規模のアーチダムの場合、ゲートの構造上、奥行きの短いローラーゲートの方が収まりが良さそうだ。
手前、左岸に突き出している水路は土砂吐ゲートからの放流口であるらしい。

水位の高いダム湖には穏やかな水面が広がり、レンタルボートが楽しめる。

アーチダムと聞くと、両岸を切り立った険しい岩盤に囲まれる地形を想像するが、この中之条ダムのロケーションは、谷こそ深いものの、山肌の表情は穏やかで森には新緑が美しく、ダム下流も木々が茂る。

堤体をよく観察すると、右岸のアーチは直接岩盤に岩着しておらず、重力式風のスラストブロック仕立てとなっている。
また、減勢工の高い壁もどっしりとしている。

天端から真下を見下ろすと、減勢池にはV字形のリブが付けられ、さらに堤体側は一段深くなっている。ここは水が溜まりっぱなしなのだろうか。



天端は自由に散策が出来るどころか、幅1.7m以下、1t以下であれば車両も通行出来る。

この前、長野県の生坂ダムでエライ目にあったので今回はチャレンジしないが、直線重力式ではなく、弧を描くアーチダムで、車両でこの狭い天端道路を通行するは、テクと度胸が必要だろう。



中之条ダムは、アーチダムでありながら、凝縮したような密度が感じられ、重力式に負けない力強さを持ったダムであると思う。

中之条ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム群馬県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。