無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
湯川ダム

堤高50m
G/FN 1977年 長野県営

2009.6.17見学

ダムは地形が設計する。



湯川ダムは堤高50mに対して、堤頂長53mと言う非常に縦長のダムで、帝釈川ダム(高さ62.4m/長さ39.5m)に次ぐ、日本で二番目に縦長ダムである。

ダムの位置は、軽井沢が程近い信濃川水系の湯川、のどかな野菜畑の中を走り、林の道を下ると唐突に姿を現す。
地形的には高原の丘陵地帯といった場所なのだが、湯川の谷は深く、ダムの下流やダム湖畔は絶壁の岩盤で、縦長ダムと言うのも納得の地理条件である。

天端は一般の道路となっており、それなりに車通りがある。
深い谷の狭い敷地に、崖にしがみ付く様に管理棟があり、道をはさんで向かい側がパーキングスペースとなっている。
唐突に現れた湯川ダムに驚き、急いで狭いパーキングに滑りこんだので、縁石にデミオ号のアゴをガリッとやらかしてしまった。
現地では見落としてしまいはっきりしないが、このパーキングスペースは天端を部分的に拡張して設けられていた様だ、徹底的に省スペース設計。

残念ながらダムの正面側に道は無く、その縦長具合を直接目で見る事は出来ないが、真っ赤に塗装された、これまた異様に縦長のラジアルゲートがこのダムが只者で無い事を主張する。
このラジアルゲート、幅8.3m、高さは14mもある巨大なゲートである。
これだけ高さのあるゲートだと、ラジアルゲートでも天端の下に収める事は無理があり、ゲート全開状態では容赦なく天端の高さよりも上方へゲートがせり上がる構造となる。

ダム湖側の丸くラウンドした扶壁とは対照的に、下流側は無骨で巨大な扶壁がそびえ、ラジアルゲートを支える。

天端からは、その扶壁と巨大なゲートに阻まれ、堤体の下流面をほとんど見る事が出来ないが、堤体中心にホロージェットバルブを1つ隠し持っているらしい。

下流の両岸も険しく、四角い減勢池も両側からの岩盤に挟まれる様に造られている。
下流左岸の法面法枠が複雑な岩盤の上に施され面白い。

湯川ダム。
この地形にこのダムあり。狭い敷地に配慮した個性的なダムであった。
★★★





| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム長野県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/207