無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
小田切ダム

堤高21.3m
G/P 1954年 東京電力

2009.5.27見学

サンドベージュの発電ダム



裾花ダム、湯の瀬ダムを後に、長野市街に入り県庁前を通過。
国道19号線を信濃川水系犀川沿いに西進すると東京電力の発電ダム群が次々と現れる。

まず最初に国道沿いに登場するのはこの小田切ダムである。
9門あるラジアルゲートが犀川を堰き止める。

左岸から3門のローラーゲートを経て流れ出ているのは発電所取水口からの余水であるらしい。
ダム本体のゲートは1門開かれているが、それをしのぐ迫力で余水が放流されている。

犀川の水が特殊なのか、小田切ダムのコンクリートの表面はどこかベージュがかって見える。
通常のダムコンクリートがクールグレーなら、小田切ダムはウォームグレーの色彩である。
ベージュに塗装されたゲートとほとんど同じ色に見える。

ダム下流に国道の橋が架かるが、それとは別に歩道の橋が架けられているのでダムを眺めるには丁度良い。

但し、右岸のドライブインの駐車場は客以外の無断駐車は罰金だそうなので要注意。車は発電所のある左岸の歩道橋のたもとの路肩に停めれるスペースがある。

ごつごつとした自然の岩肌の露出度が高く、堤高は高い部類ではないが、独特の険しいさが印象的なダムである。

小田切ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム長野県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。