無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
二ツ屋分水堰
 堤高24.7m
G/FNAWI 2005年 福井県営

2009.4.30見学

小柄だけど、どっしりしてます。



二つ屋分水堰は、広野ダムの上流にある堤体で、ここで取水された水は導水トンネルを経て、違う谷筋にある桝谷ダムの利水に使われる。

その名の通り川の流れを二つに分ける為のダムなので、ブーメラン形をした貯水池はとても小さい。

自然越流式の洪水吐をもつ堤体は、大型の重力式ダムのクレスト部分を、もぎ獲って据付けた感じで、ダムの規模以上のボリューム感があり、おおらかで優しい表情がある。

常時満水位で越流する設計の模様で、常にさらさら越流をしているようだ。

天端は自由に見学できる。

ダム下の減勢工の付近はパーキングが用意され、広場が整備されているのだが、そこへ向う道が悪く現在は通行止になっているのが惜しいところだ。

二つ屋分水堰





| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム福井県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/163