無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
広野ダム
 堤高63m
G/FNIP 1976年 福井県営

2009.4.30見学

正面からも観てみたい。



広野ダムは、100m級ロックフィルである桝谷ダムの近くだが、別の谷川筋にある。

天端は車両での通行も可能、左岸のクレーン跡が展望台として登る事ができる(写真)。

クレストに非常用のラジアルゲートが間隔をおいて2門。
下に見える四角いコンクリートの塊がコンジットのゲート室だと思われる。

天端から下流を見る、減勢工の副ダムが階段状になっている。
副ダムの下流で、川筋が直角に右に折れるので、副ダムを越える水流を砕く役割りがあるのかも。

ダム下の右岸、発電関連の建物だと思うのだが、形状が変わっていて意味深げである。

んー、ひと通りそろってるのだけど、何故か地味な印象。
正面から拝見できれば、また違った表情でアピールしてくれそうなのですが。

広野ダム


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム福井県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/162