無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
水殿ダム
 堤高95.5m
A/P 1970年 東京電力

梓川三姉妹の次女、水殿ダム。

2008.7.21見学



奈川度ダムと稲刻ダムの中間に位置する純白のアーチダム。国道から道の駅の向かい側の道を下るとダムサイトに至る事ができる。
とても静かなダムサイトの駐車スペースは遠方から遠征して訪れたマニアには恰好の車中泊スポットである。

三姉妹どのダムにも当てはまるが、ダム正面が真東を向いているので、朝日を正面に受け白く輝くアーチはお世辞抜きに美しい。
三姉妹中、特にこの水殿ダムが美しいので、可能であれば是非とも早朝に訪れるべきダムである。

だれが言い始めたか、何故かこの梓川の奈川渡・水殿・稲刻 3ダムは三姉妹、つまり女キャラである。
真っ白なコンクリートがそう思わせるのか。
奈川渡と水殿は堤体にゲートを持たず、アーチの曲線をいっそう美しいものとしている。
そんな所が女性を思わせるのであろう。

また、ダム本体にゲートは無いが、右岸にジャンプ式洪水吐きを持つ。また、この右岸部分はアーチではなく、重力式の形状と伺える。

ダム下にある発電所設備を天端から観察すると、とてもラブリーな「顔」を持つガントリークレーンを観る事ができる。
僕は「水殿のがんちゃん」と呼んでいる。
アーチを描く天端にもレールが敷かれ、左岸にもガントリークレーンが待機しているが、こちらはがんちゃんではない。

以前訪れた時は左岸の岩盤に何千何万という小鳥の大群が舞っていた。
上空は尋常ではない鳥密度で、周辺は雨の様に糞が降り注いでいた。
あれは何だったのだろう。

三姉妹次女・水殿ダム
★★★★獲得。
| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム長野県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2013/04/04 3:33 PM posted by: denwaban@じむちょ(DN)
梓川3ダムで、なんとなく水殿だけはただならぬ「美」を感じたものです。
スキージャンプ台式の洪水吐がかすむくらいの「曲線美」に魅せられてから、僕の「アーチ式信仰」は始まったかも知れません。
2013/04/04 5:52 PM posted by: あつだむ宣言!
スケールならだんぜん奈川渡なんですが、一番白くて、なんだか海外のダムっぽい(イメージとしてアメリカのダムっぽい)のが水殿ですよね。

たしかに、ここでアーチにハマると言うのは納得です。

ああ、なんだかまた行きたくなって来た!!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/16