無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
世木ダム

 堤高35.5m
G/P 1951年 関西電力

2009.4.4見学

積み木のダム

京都の世木ダムはちょっと変わったダムです。
日吉ダムの完成により、肩までどっぷりと沈む事になったのですが、発電所への取水は現役であり、今でも立派にダムとして活躍しています。

日吉ダムに早朝到着した為、展示施設の開館までの時間、先に世木ダムを見学する事にしました。
湖畔は湖周道路が整備されていますから、世木ダムまでは迷う事は無いでしょう。

世木ダムの右岸に到着しました。路肩に寄せて車を停めます。
遊歩道の案内があり、なんと意外にも天端は立入OKの様です。

車道から縞鋼板の階段を降ります、一部急なので気を付けて。

天端は50年代初めの発電用ダムらしい、ゲート部が階段で一段上に上がる構造で、僕の好きな様式です。

雰囲気のあるコンクリート製勾欄の、黒さと痩せ具合がいい感じです。
思わずなでなですると、掌がひりひりします。子供の頃の川遊びの感触が思い出されます。

年代ものの設計の為か勾欄が低く、それとは別に一段高い手摺が新しく追加されていますが、雰囲気を壊さないよう、色などの配慮が感じられ好印象です。

元々あったゲートはラジアルゲートですね、ピアに跡が残っています。

肩まで日吉ダムの湖水に浸かったおよそ60年前のダムは、どこか遺跡の様な趣があります。
上流側の風景は当然普通なのですが、下流側が天端から見下ろして、すぐ近くに水面がある様はやはり不思議ですね。

アニメ積み木の家ならぬ、積み木のダムといった所でしょうか。
深いグリーンの湖水には、どんな思い出が沈んでいるのでしょう。

いつもこういうモノを観てしまうと空想スイッチが入って、潜水服を着て潜る妄想を繰り返して、気分が悪くなる僕だったりします。

世木ダム
★★


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム京都府 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/150