無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
木瀬ダム
 堤高33m
G/FNW 1999年 愛知県営

2009.2.28見学

ひしゃげた猫の顔。



木瀬ダムは愛知県豊田市にある1999年竣工の比較的新しいダムである。
ダムの用途は洪水調節の他、水道水などに使われる。

放流設備は、中心にオリフィス1門を挟み、自然越流式2門×2組の構成、白いコンクリートが冬の澄んだ空に映える。

堤高は33mと高くない。
幅広の越流部から放流水を受けとめる為、減勢工はT字型をしており、今まで観たダムの中では岐阜県の大ヶ洞ダムに近い形だ。

ダム下の左岸はパーキングと小さいがよく整備された公園があり、訪問時は地元のシルバーの方が掃除や柘植の剪定などをしておられた。

天端も解放され、勾欄には地元小中学生の手形の陶板が並んでいる。

木瀬ダム
| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛知県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/131