無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
大島ダム
 堤高69.4m
G/AW 2001年 水資源機構

2009.2.7見学

意外とフォトジェニック。



大島ダムはすぐ近くの宇連ダムと同じく水資源機構のダムで、やはり豊川用水の水源の役目を担い、水は農業用水と工業用水に使われる。

竣工は2001年と新しく、まだ白い堤体が眩しい。

天端は立入可。アルミ材の欄干が優しい。
自然越流式の洪水吐きの堤体は右肩に取水棟を乗せる以外は何も無く、全体がすっきりとしている。

吐きの橋梁部分を支える扶壁が、天端より前後に大きく突き出ているのが特徴的。4枚ある扶壁のうち、右岸から2枚目だけなぜか垂直に切立っている。
午後の日差しが白い扶壁に天端の欄干の影を写しドラマチックだ。

天端から下を見下ろすと広い越流部の両橋に導流壁が大きくV字を描く。
左岸のフーチングが複雑なリズム感で天端と減勢工を繋いでいる。

設備的には非常にシンプルな堤体だが、ディティールに独特の面白みがあるダムである。

白いコンクリートが映える晴天時にお薦めしたいダムである。

大島ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛知県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/125