無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
埋まっテルダム型録


「ダム」と言うのは我が国では一般に、川を堰止める構造物の事を指しますが、ヨーロッパではもう少し広義に使われていて、川の水が町に入らないようにする「堤防」の事もダムと言う場合があるそうです。

なので、国土が低いオランダでは、アムステル川の堤防で囲まれた町を「アムステルダム」、ロッテル川の堤防で囲まれた町を「ロッテルダム」と言うのは有名な話・・・。

それとはまるで関係ありませんが、今回のダムカタログ(堰堤型録)シリーズは、日本の「埋まっテルダム」「沈んデルダム」を特集します。


コンクリートダムの魅力には、いろんな面がありますが、ビジュアル的には何はともあれ「下流面」の表情が挙げられます。

大きなダムは壮大で雄々しく力強く。
その迫力を持って見る者を魅了します。
419安濃.JPG

小さなダムだって小さいなりに、
下流面はそのダムの「顔」としての役割を持っています。
424松尾.JPG

でも、沢山あるダムの中には、そんな大切な「顔」である下流面を隠してしまっているダムもいます。
下流面が土に埋まっている「埋まっテルダム」、
同じく水没している「沈んデルダム」です。

そんな、一風変わったダムたちから、まずは「埋まっテルダム」をご紹介。

山梨県北社市 頭佐沢ダム
1926年竣工 堤高21.5m

僕が初めて見た埋まっテルダムです。
21.5mもある事は事前に調べていたので、現地に到着して度肝を抜かれました。
地上に露出してるコンクリートの堤体は天端付近の5m程度しかありません。
堤高のデータが間違ってるのじゃないかと、疑いたくなる情景です。

151頭佐沢.jpg

埋まり具合の見事さであれば此方のダム。
富山県富山市 新中地山ダム
1959年竣工 堤高35m

発電所の建設残土の処理として、コンクリートダムの下流面を完全に埋め立てています。
35mもある堤頂までみっしりと盛ってあるので、天端には下流側の欄干もありません。何故かと言うと、天端から転落しようがありませんので。
頭佐沢ダムもきっと同じような理由で埋まってるのかな?と思いますが、新中地山ダムは下流面に盛土をする前提で設計されている為が、コンクリートの堤体は幾分スリムな設計になっているようです。
(※このダムは立入禁止です。関係者様に特別な許可を頂き写真撮影)

598新中地山.JPG

埋め立ての規模で言うなら、このダムが一番です。
群馬県利根郡 真壁ダム
1928年竣工 堤高26.1m

高さこそ26mですが、堤長が535.6mもあります。
長細いダムが多い北海道を除けば、このダムよりも長いコンクリートダムは下久保と弥栄しかありません(有峰よりも長い!)
この真壁ダムの場合、河川敷が長かった訳ではなく、丘陵に堤防を築く感じで建設されたものと思います。
基礎地盤まで掘り起こしてコンクリートのダムを築堤している為、ダムが完成後に下流面は堤体に沿って溝状の窪地が出来てしまい、雨水などが貯まってしまうので残土を埋め戻した、といった理由ではないかと推測しています。

20110817_2322473[1].jpg

埋まっテルダムの理由は他にもあるようで、例えばこちら。
長崎市 本河内高部ダム
2006年竣工(再開発) 堤高28.2m

アースダムであった旧本河内高部ダムの再開発事業として建設されたコンクリートダムです。
アースダムのすぐ上流側に建設されて、外観上の下流面はそのまま明治に造られた既存のアースダムが活かされています。
アースの旧堤体の堤頂部からコンクリートの新堤体までは埋め立てで平坦な広場のようになっていました。

489本河内高部.JPG

上流からはご覧の通り、いたって普通の重力式コンクリートダムです。
490本河内高部(再).JPG

さらに凄いのはこちらでしょう。
大阪府泉佐野市 新滝の池
1995年 堤高26m

どこかの「少佐専用」とか言われる事の多い赤いダムです。
周辺の緑に映えるようにと赤いらしいのですが、下流面はと言うと・・・。

540新滝の池.JPG

このように、堤体の傾斜に沿って緑地化されています。(訪問時は初春であった為枯れ木ですが・・・)

一応、ほかの埋まっテルダムと同じく「建設残土」によるものだと言う事ですが、この新滝の池の面白い所は、とにかく「積極的に盛っている」と言う事です。

ダム建設中は、コンクリートの打設に合わせ、下流面に盛土をしていく事で現場への資材の搬入路を確保し、完成後は余分な盛土を除去して、木々を植林し緑化をするという設計になっています。
さらに面白いのは、コンクリートの堤体自体、盛土がし易いように表面は階段状に段差が付けてあるようです。

他の埋まっテルダムが、どちらかと言うと「仕方なく」埋まっている感があるのに対して、この新滝の池だけは、「もう、埋まりたくて埋まりたくて、仕方ない」といった感じなのです。

と、言う事で、新滝の池のその積極性を買って、勝手に「ベストオブ・埋まっテルダム」としたいと思います!。

IMGP0466.JPG

少し長くなってしまったので、「沈んデルダム」は次回に持ち越します。
アップするかは、この埋まっテルダムの反響次第・・・かな?

| あつだむ宣言!(清水篤) | 堰堤型録 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2013/10/26 7:36 PM posted by: マック
お久しぶりのおばんです♪

埋まっテルダム…面白いですよ〜!

いろんなダムが在るもんですね〜。

ぜひ肉眼で見てみたい!
2013/10/26 9:49 PM posted by: 夜雀
お疲れ様です。
わははははははは
こういう切り口で来るとは思わなんだ。
たーまーらーんー。

いやいや新滝の池は考えに考えられて作られて素晴らしい堤体ですが私個人としては新中地山が最高と思います。
新中地山Loveだもんね〜。

本物のずさざわみたいわー。
あ、図面探します。
部屋片付け大掃除したら資料の位置がわからなくなってさー
ごめんなさいのずさざわー。

    夜雀 拝
2013/10/26 10:38 PM posted by: DamWalker
はじめまして
日々拝見していますが、あまりに斬新なネタでむちゃくちゃHitしたので、つい書き込んでしまいました。

図佐沢は訪れたことはあるのですが、下流面に会う方法が分からず、上流側から貯水池を眺めながら散策するだけで退散しました。なかなか奥深いものがあったんですね。

沈んでるダムにも期待しています。
2013/10/28 12:46 PM posted by: あつだむ宣言!
マックさん
すごく地味だけど、思い返すとジワジワと味があるダムばかりですよ〜

夜雀さん
やっぱり新中地山、本当は内海も埋まっテルダムかな?と思ったのですがどうでしょうか?
僕は訪問していないので載せてないのですが。

DamWalkerさん
はじめまして、ご覧頂きありがとうございます。
頭左沢(ごめんなさい、誤字してました。図→頭)は、僕は逆に貯水池をよく見てません、人工的な流入口があると聞いているのですが、見逃しているんです。
頭左沢は盛土の中にも何か設備を隠してるような気配があります。
ゴルフ場の敷地に沿って車道があり、左岸に降りる脇道があったはずです。(貯水池の脇まで車で行けます・・・ダートだったかもしれませんが)
堤体の見学はフェンス越しになりますが、散策すると意外と急なV字谷に造ったダムと言う事も解ります。
夏場に行くなら虫除け必須です(笑
2013/10/29 8:46 PM posted by: 夜雀
お疲れ様です。

内海は埋めた…と言っていいのか
確かに進化していく途中で盛土されたが…。
うー。
一応、内海はコンバイン扱いだったしさっ(汗)
いやでも埋まっテルダム的にはそうなのかも。
内海は埋められた上に固められちゃっテルダムですね。
く、苦しい言い訳だ。

   夜雀 拝
2013/10/30 12:32 PM posted by: あつだむ宣言!
夜雀さん

内海は埋まっテルダムから、沈んデルダムに移行した凄い(?)物件だったかも???
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。