無料ブログ作成サービス JUGEM
淡海池

堤高26m
E/A 1923年 淡海土地改良区

2011.09.10見学

神秘の湖面。


いつもダムを巡る時は、予めカーナビに地点登録をして向かいます。
その日に訪問する予定の物件の他にも、今後、行ってみたいダムも登録しているので、常に100基くらいのターゲットが登録されていています。
それらのターゲットは登録順に自動で番号が付けられるのですが、見学済の物件の登録を消すと、番号は順番に繰り上がる為、登録した日が古く、かつ、未だ未踏のダムほど若い番号になって行きます。

ここ2年ほど、ずっと登録番号 1. となっていたダムがあります。それが滋賀県高浜市にある淡海池です。
2011年の早春に行くチャンスがあったのですが、現地までの林道が雪に閉ざされ行く事ができませんでした。それから半年後、この日リベンジとなりました。

さて、目指す淡海池ですが、ダムまでの道程が少し変わっています。
琵琶湖のほとりから山の上へ上へと車で登ります。山の尾根を走るとても気持ちのいい峠です。
眼下に湖北の湖面、ずいぶんと高い所にやってきました。



琵琶湖から一気に400m駆け上った山腹にキャンプ場があります。
家族旅行村ビラデスト今津です。

淡海池へは、このキャンプ場の敷地を通過した先にあり、上流からのアプローチとなります。



ビラデスト今津の入口で入村料(たしか300円くらいだった)を支払い、通行証をフロントに貼りつけます。入村料は、環境や道路の管理費なので、キャンプ施設を使わなくても支払いが必要。

淡海池に向かう時は、この料金所でダムまでの道路状況を聞いてみると良いと思います。
半年前に来た時は、キャンプ場から淡海池までの除雪が間に合っていなくて、行く事ができないと言う事で料金を払う前にUターンさせて頂きました。



キャンプ場の端に雰囲気のある湿地帯の池があり、そこを左折して峠道を少し下って行きます。



坂の途中で鳥居が現れます。
その向こうに湖面が見えました、淡海池です。



鳥居の中からの湖面、思ったよりも大きな池で、島まで浮かんでいます。

島には弁財天が祀られているそうで、鳥居から水面を参道が伸びているのかも。
午後の日差しが輝き、そう思わせるには充分な、神秘的な情景。



鳥居から少し移動すると湖畔に取水塔が見えます。

六角形のアジアンちっくな外観、とても古そうです。(昔のジャッキーチェンの映画に出てきそう、酔拳とか・・・)

淡海池は1913年着工、10年を経て1923年に完成。
当時から使われている土木遺産級の取水塔です。



取水塔が見えた後、再び車で移動します。
地形が複雑で、また湖面が見えなくなりました。

そして、唐突にこんな物が姿を現しました。

な、なんだこれは!。



いきなりの登場でかなりのインパクト。これは、淡海池の洪水吐だそうです。
切り立ったコンクリートの壁、高さは10mくらいでしょうか?。

淡海池は、アースダムのダム本体と、洪水吐が少し離れて別の場所にある様です。
ダムの規模や形式はまるで違いますが、小河内ダムをイメージして下さい。



洪水吐の前を過ぎて、ダム本体を探します。

そのまま道を下ればダムの下流面に行けると思っていたのですが、道は大きくカーブしつつもどんどん貯水池から遠ざかってしまいました。

すいぶんと複雑な地形の様で、切り立った険しい岩盤に出くわしたりします。
ロケーションとしてはアーチダムのダムサイトを彷彿させますが、淡海池はアースダムです。
こんな岩だらけの土地なのに、堤体の材料はどこから採取したのでしょうか?。

そして、ダム本体は何処?。

散策すればするほど、いろいろな疑問が湧いてくる謎多きダムです。



結局、ダム本体を見つける事が出来ませんでした。

方角的にあの辺りにあるはず・・・と、いう目星は付くのですが、そこへ行けそうな歩道もありません。

こういう時は、とにかく人工物の周囲をアタックしてみる事です。
先程のコンクリートの洪水吐の近くを探してみると、獣道のように草が踏まれた場所がありました。

車道と並走して流れている沢を渡り、獣道へ入ります。



落ちていた鹿の骨にビビりつつも、洪水吐の横まで来ました。
道は獣道ではなくて、ちゃんとした管理歩道だったみたいです。



つずら折れの歩道を息を切らして登ると、そのまま洪水吐の真上に出ました。
洪水吐の上部は広く、平坦になっています。



そして、洪水吐の上から振り返ると、素晴らしい風景が目前に広がっていました。

水面の鏡には秋の空。
全く予想していなかった美しい湖面の情景にただ呆然とするばかり。

地形が複雑で、洪水吐の上まで上がらないとこの光景を見る事はできません。



ダム巡りをするようになってからカメラを始めたので、風景写真のスキルがまるでありません・・・。
折角の素晴らしい景色なのに、完全に持て余しています。



しばらく風景の写真を撮ったのですが、その美しさを表現できたカットは撮れませんでした。

あきらめて、洪水吐の斜面を見下ろします。

コンクリートの表面は微妙に凸凹やうねりがあり、型枠成形ではなくて、岩盤にコンクリートを吹き付けた物の様に見えます。



洪水吐の貯水池側も同じように岩盤に吹き付けコンクリートに見えました。
波に洗われるのか、だいぶ痛んでいます。(近づきすぎない様に注意)

不可解なのは、地形図で観ると、元々の谷川はこの洪水吐の所を流れていた様に思える事です。

副堤体として築堤して表面をコンクリートで覆った事も考えられますが、それにしては壁面の傾斜が急すぎます。



この淡海池で有名な物に、固有種 タンカイザリガニがあります。

当時の農水省によってザリガニがアメリカより輸入されました。
1926年、完成間もない淡海池に30匹のザリガニが放流され、この貯水池に定着した固体はタンカイザリガニと名前が付けられました。

この日、ザリガニは見る事はありませんでしたが、洪水吐の近くにはやたらとイモリが見られました。



洪水吐の上から、右手の林を隔てた先を観ると、水面の上に石貼で保護された土手が見えました。
ダム本体に間違いありません。



洪水吐から林の中に歩道が付いていました。
何箇所か路肩が崩落しているので注意して進みます。

どうも、これがダム本体への唯一の道の様です。

洪水吐からダム本体まで、岸の地形は天然の堰堤のようになっています。
元々の地形を上手く利用して淡海池は造られた様に感じました。



林を抜けるとダム本体の右岸に到着しました。
とても整った形をした立派なアースダムです。



堤頂部を歩いて左岸に来ました。

大正時代に築堤された灌漑用のアースダムは、国や県の補助もなく、地元住民の手によって建設されました。
これにより、下流の集落を干ばつから救い、安定した生活を送る為の原動力となりました。

ダム目的こそ、「A」ですが、人々が生きる為に築かれたこのダムは、「F」のように人の命や財産を守るためのダムと言えるでしょう。



琵琶湖を見下ろす山の上、起伏に富んだ地形に囲まれて静かに湖水を湛える姿は、とても神秘的で魅力溢れるダムでした。

周辺の森は自然のままの落葉樹が中心でしたので、道が雪で閉ざされる冬を除き、四季を通じて美しい姿を魅せてくれるはずです。



淡海池
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
石田川ダム

堤高43.5m
R/FN 1969年 滋賀県営

2011.4.2見学


この日、午前は別の用事があり、午後からの余った時間でぶらっと琵琶湖の湖北にドライブに出かけました。

奥琵琶湖パークウェイ、レンタルボート屋、お昼を食べに行く湖畔のロッジ、テントを張った入り江・・・。
湖北は古い思い出も多く、とても好きな場所なのでした。



琵琶湖の北西にある今津から山の方に進路を変え、ダムに向かいます。
山間の集落に入ると急に空気が冷たくなりました。

集落の奥をずんずん進むと、路肩の残雪の上に落石がゴロゴロと転がっています。
つい最近崩れた雰囲気に少しドキドキしながら慎重に進みます。

ダムサイトの「アルファロメオのマークの蛇」みたいな、ぐねぐねしたカーブを登り到着しました。
滋賀県営の石田川ダムです。



残雪の残る駐車場でダウンを着込み散策開始。
4月に入っていますが、この地はまだまだ冬眠から覚めたばかりの様です。

ダムサイト右岸に管理所やモニュメント。
続いて、トンガリ帽子が特徴的な洪水吐ゲート。

トンガリ帽子は一見ファンシー調に見えますが、雪深い地にあってマジ物です。



洪水吐の設備から連続して取水設備がドッキングしています。
無駄の無いレイアウト。

石田川ダムは洪水調節と既得のかんがい用水の補給(河川維持)などを目的としています。



寒そうな空、山々にも残雪が残っています。
突然の訪問者に、驚いた水鳥がばたばたと飛び立ちました。



山の中にあるダムですが、ダムサイトに休憩所もあり、ちょっとだけ公園化もされています。

天端の通路も部分的に石畳みが使われていたり、ウッド調の手摺などか使われています。
中央にはテラス風に仕立てたエリアなどもあり、とても凝ったデザインとなっています。



リップラップは軽く整形してあるのですが、使われている岩が鋭く尖った「ガレガレ感」たっぷりのハードなもので、天端のフレンドリーな印象とは少し違って見えます。



しかも、天端の端っこには、ごっつい大岩が並べられています。
ハードロック・石田川。

手摺を境界にコントラストが激しすぎ。
いかにも安全地帯という天端から見るリップラップは、奇岩が有名な観光地に来たと言う感じです。



非常用の洪水吐の脇には、利水用の放流口があるみたいです。
冷たそうな透き通った水を放流中。

洪水吐はジャンプ式のように見えますが、地山に埋め込んだ形になっていて、しかも減勢池が見当たりません。
減勢池どころか、ジャンプ台の真下は地山の土地になっているのですが・・・。

しかも、アルファロメオの蛇の真横近く・・。



って事で近寄ってみたら、こんな所まで来てしまいました。
通常なら減勢池のある所です。

この場所は、車道のすぐ脇なのですが特に規制もされていない感じです。
但し、一面に鹿糞だらけなので、凸凹したソールのシューズだとお土産を沢山頂くので注意が必要です。

実際にクレスト放流がされる時はどうなるのか・・・。
ちょっと不安にもなりますが、そもそも、この石田川ダムの場所は、そんな天候の時に一般人が来れるような場所ではありません。



ユニークなゲート施設。
険しい表情のリップラップ。
真下から見上げる事の出来るジャンプ台。

中規模ながら特徴や見どころの多い石田川ダムでした。



石田川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
宇曽川ダム

堤高56m
R/FN 1979年 滋賀県営

2009.11.14見学

秋雨のロックフィル。



宇曽川ダムは、琵琶湖の湖東に位置する県営のロックフィルダムである。

ダムは山裾にありとてもアクセスし易い。
実は以前、カーナビを頼りに向かった事があったのだが、えらい山の中にあるなと思いつつ到着したのが何故か犬上ダムだったというボケた話がある。その為、今回が初訪問となった。

冷たい秋の雨に濡れた整形リップラップ、紅葉の木々も濡れて色濃く思える。

車止めでガードされた堤頂部を歩く。
ダムの中心にはしっかりした屋根付きの木造の見晴らし台がある。
山歩きのパーティが、雨宿りしながら待ち合わせをしている様だった。



見晴らし台からの風景。
ダムの下は土が盛られ、その上には公園が整備されている。
洪水吐のスロープ脇の階段は開放され、公園まで行ける様だ。

ダム下の向こうには、すぐに琵琶湖畔の平野が広がっている。
この天候なので琵琶湖は望めなかったが、快晴であれば遠くに見えるかもしれない。
結構近くに、正面を横切る名神高速が見える、逆に高速からもこの堤体は見えると思われる。

堤頂部から左岸を見る。
ダム湖側のリップラップから突き出した非常用洪水吐。
その奥は管理塔と取水口。



洪水吐の越流部。
単純な造形が、よりコンクリートのマス感を増幅させる。どこか色っぽい感じさえ。



宇曽川ダムで気になったもの。
左岸の洪水吐の脇に開けられた通廊の入口、そこから伸びる用途不明のレール。
重量物を搬送するものだろうが、何を運ぶのだろうか。

最初、これを観た瞬間、ライド系アトラクションでもあるのかと思ってしまった。



宇曽川ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
曲谷ダム

 堤高16.4m
G/P 関西電力

2009.4.30見学

ゲート無くとも。



姉川ダムの直ぐ下にある、関西電力のダムが、この曲谷ダムである。

フェンスに囲まれ充分な見学はできないが、なかなか味のある堤体だ。
簡素な欄干も逆に味があるし、ゲートピア上部も鋼材の橋梁風の構造で小型の発電ダムの魅力に溢れている。

ゲート設備は左岸に寄せて配置されるが、現在は2門のゲートが完全に撤去され、ピアの壁面にラジアルゲートの軌跡を残すだけである。

堤高が15mを超えているとの事だが、それはゲートが外される以前、竣工時のスペックで、可動ゲートも持たず、実質的に自然越流式である現在の曲谷ダムは、どう目測しても15mに満たない様に見える。

発電用の取水口がゲートの脇に真横を向いて付けられているのも個性的だし、ダム下にある木造の建屋も味わい深い。

曲谷ダム

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
姉川ダム
 堤高80.5m
G/FN 2002年 滋賀県営

2009.4.30見学

オリフィスから先は行けません。



姉川ダムは、伊吹山の北側の山麓に造られた新しいダムである。

まだまだ白いコンクリートが眩しい堤体は真ん中のオリフィスから静かに越流中であった。

天端は自由に見学できる。
天上から自然越流式のオリフィスのダム湖側を覗くと、ゲート支柱のコンクリートにスリットが切られ、鋼製のゲートがはめ込まれている。オリフィスの最大放流量を決めている様だ。

さらに、越流部分に2本ほど金属製のポールが立っている。
ダムカード裏の情報によるとこれは巡視艇の落下防止の為らしい。たしかにポールに阻まれボートが越流してしまう事は無くなるが、生きた心地はしないだろう。
他であまり見た記憶が無いので、何か特別な事例があったのだろうか。

オリフィスの上の壁面に小窓が4つ開けられているが、ダム湖側にある選択取水設備の機械室かなと思う。

ダム下は深い減勢工が90度近くぐにゃりと曲げられ、内側は小さな公園になっているので、堤体を真下から観るのも良し、ジエットフローゲートが吐き出す水を相手にスローシャッターの練習をするのも良しである。

姉川ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
犬上ダム
 堤高45m
G/AP 1946年 滋賀県営

2009.3.21見学

悲願。



滋賀県内で是非とも観たいダムがあった。それがこの犬上ダムである。

用途は発電もされている様だが、主目的は灌漑用水である。
その昔、この流域では、村同士で水を巡る紛争があったらしく、灌漑用ダムの建設は地元の悲願だったのだろう。

ダムへ向う道は、概ね良好だが、手前300m辺りから急に道が険しくなる。冬季に訪れる場合は覚悟が要りそうだ。
ダムの左岸に到着するが、駐車場が無いので路肩にぎりぎりに付けて停める。

天端は開放され、単車であれば通行可としてある。僕が見学中も地元の方がバイクで往来されていた。

堤高は45mと高くは無いが、天端から見下ろすとそれ以上に感じる。
減勢工は両岸が下流に伸びた臼形で、減勢池にはU字形に水が溜まっている。

富山の神一ダムもそうだが、臼形の下流面のダムは、上から眺めると途切れなく下流面が良く見えるので、いっそう高く見えるのかもしれない。
それに、普通の橋の様な欄干が低く、恐怖を感じる。お尻引けてます、完全に。

長い長いローラーゲートが特徴的である。
もちろん長く見えるのは、高さが低めである事もあるが、ゲートの強度を保つ為に設計は大変なんじゃないかと思う。上部にトゲトゲがあるから越流もできるタイプだろうか。
このゲートが上がった時はどんな放流が観られるのだろう。

ダム便覧の写真では派手な塗装がされた欄干やゲート上の橋梁部だが、その後再塗装されたのか、茶系の落ち着いた色に塗られていた。少し残念。

右岸に渡り、ダムサイトのコンクリートのガードレールがとても凝っていて、装飾的で楽しい。
ダムが完成した時の村の人々喜びが伝わって来るようだ。

右岸から下流への林道を歩き、真正面から見えるポイントを探す。
ガードレールをまたぎ、急斜面の杉林の中で、杉の木にしがみ付いて撮影。
天端から減勢工まで1枚に納める事が出来た(写真)。

犬上ダム
★★★
| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日野川ダム

 堤高25m
R/FN 1965年 滋賀県営

2009.3.21見学

里ダム日和。



日野川ダムは蔵王ダムの下流、国道477号から狭い路地を入った所にある里ダムである。

薄っすらと草が覆うロックフィルのダム本体(写真右奥)と管理棟の立つ小山を挟んで、ローラーゲート2門を持つ放流設備がある。
また、ロックフィル以外にも、右岸には日野川脇ダムというアースダム(堤高19m)の部分もある。(写真手前の斜面、アースダム堤頂より撮影)

うららかな小春日和。へら師を眺めていたら、ぽかぽかしてきた。風も心地よい。
ダム湖上流では大きなタックルボックスを持ってバス狙いの釣り人もやって来た。

釣り日和。僕には見学日和。

里のダム。日野川ダム

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
蔵王ダム
 堤高53m
R/A 1990年 近畿農政局

2009.3.21見学



改修工事中の野洲川ダムから国道477号を西に向うと現れる、ロックフィルダムである。
水はかんがい用水に使われ、日野川沿いの田畑を潤す。

左岸の管理棟から洪水吐を見学し、堤長370mと、そこそこ長い堤頂部を歩く。
洪水吐きから続く、とても長い減勢工が、地割れの様でカッコいい。

小春日和の気持ちの良い昼下がり。
ダム下の空き地は枯れ草ばかりであるが、もう1ヶ月もすると新緑で埋め尽くされる事だろう。

蔵王ダム
★★
| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
野洲川ダム
 堤高54.4m(改修完成時)
G/A 2009年(完成予定) 近畿農政局

2009.3.21見学

上げます、広げます、がんばります。



野洲川ダムは、1951年に完成した灌漑用のダムである。
現在1.7mの嵩上げと、クレストゲート放流能力アップ等の改築工事が行なわれている。
写真は去年(2008.3月)の訪問時のものだ。

堤体越流面も新しくなり、下流面の両端にぶ厚い導流壁が新造されている所を見ると、以前のクレスト中心に可動ゲートを持つ堤体から、全面自然越流式に産まれ変わるのだろう。

また、放流能力の向上に伴い、減勢工も新しくされている。
改修後も洪水調節の機能は持たない様だが、オリジナルの野洲川ダム完成の後造られた、下流の青土ダムがその役目を果たす仕組みになるのだろう。

完成が楽しみな野洲川ダムであった。
★(建設中)
| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
青土ダム
 堤高43.5m
R/FNWI 1987年 滋賀県営

2009.3.21見学

ブラックホール。



青土ダム。決して「あおつち」と読んではならない。
現地の標識で「おおづち」と知って、以前のオフ会で「あおつち」と連呼してた自分に今更赤面する。

青土ダムは変わった形の洪水吐がとにかく話題のダムである。
もちろん僕もその吐き目当てで行ってみた。

堤頂部は広く、2車線の車道が走り、歩道も分離されていて心地良い。
右岸から進むとやがて左岸の吐きが見えてきた。

噂の吐きは2連の大きな半円形状で、幸運にもサラサラ越流中だった。
完全にフラットな水面が突如として窪み、水が吸い込まれていく様は、まさにブラックホールだ。

この2連の窪みは自然越流式のオリフィスで、上に位置しているちょっと四角い窪みが非常用の吐きで、やはり自然越流式となっている。
また、実はオリフィスはブラックホールの2門の間に、ラジアルゲートを1門を隠し持っている。

芸術的とも評されるオリフィス。
だれか、なにコレ珍百景に応募してください。(丸山ダムの骨材プラントの遺構は、テレビ局から問い合わせがあったそうです)

青土ダム
★★★
| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム滋賀県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |