無料ブログ作成サービス JUGEM
はたばん file.24


地元で毎朝、通勤途中で目にするはたばんです。

何時でも観れる、撮れると思うと、観に行かないもので、はたばんの写真を撮り始めてからも、毎朝遠くから眺めるだけで、ずっとスルーしていました。

他にも何台か目を付けているはたばんがあったのですが、あるとき、そんな中の1台が撤去され無くなっていました。

ショックでした。いい感じに草に覆われたキャリイでした。



急に心配になって、早速、初めてちゃんと会いに行きました。

この子は、春も、夏も、秋も、冬も、一年を通して出勤途中の僕を楽しませてくれるお気に入りです。
この子が気になるようになって、もう3年くらいになりますが、一度もドアーが閉まっている所を見た事がありません。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.23


そもそも、何故「はたばん」の写真を撮る様になったのか?。

写真やカメラはダム巡りをする様になってから始めたので、ほとんどダムしか撮った事がありません。

ダム以外のモノを撮る事で、ダムの写真に活かせる事があるのでは?と、思ってちょこちょこ撮るようになりました。
ダム写真の訓練の一つといった所でしょうか。



はたばんを撮る時は、周囲の環境や雰囲気も入れる様に心がけています。
おかげで、僕の「被写体に寄りすぎる病」も多少は改善した気がします。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.22


久しぶりの登場の「はたばす」です。

集落の外れのなんだか物悲しいはたばすでした。



その昔は、工場で働く社員の送迎に走り回っていたバスでしょうか?

多分、会社の社名が良くなかったのかも・・・??。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.21


長野にはたばん探しに行った時に出会った子です。

畑の真ん中に、とてもきっちりと収まっていました。
由緒正しいはたばんのお手本と言えそうです。

白いハイゼットくんも
「物をしまう気満々」に見えて、とても幸せそうです。



周りの農機具もそれぞれ場所が決まっているのか整然と並んでいて、オーナーさんの性格がよく表れています。

うむ、ここの畑の野菜は、きっと美味いに違いない!。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.20


はたばん巡りをしていると、初めて観るような知らない車種に出会ったりします。

多分、僕が産まれる前の車で、ずっと前からここに居るんだろうなあ。



ずっとここに居てたとしても、とても器用な場所に居ますね。

お腹がスースーしませんか?

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.19


帰ってきた「はたばんの世界。」
ダム訪問記の記事が準備できるまで、ちょっとの間、再開です。


広島県で出会ったバネットさんです。

トタン板の屋根が乗せられ、大切に使われていました。



淡いグリーンのボディカラー、レースのカーテンがお洒落です。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.18

長崎の転石ダムが見える所に居たはたばんです。

生い茂る雑草の中に、お尻だけ見えていました。



ハッチバックのガラスの中を観ると、車内もざわざわと雑草に溢れていました。

雑草のたくましさ。
そして、優しく雑草を受け入れる、はたばんの大らかさ。

はたばんと雑草の、ちょっといい関係はまだまだ続きそうです。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.17

初雪が降った午後でした。

どんよりとした寒空の下、
薄く積もった淡雪はほとんど消えていました。



なんで、よりにもよって、こんな坂の途中に置いたのか。

朽ちて行くのも楽じゃないね。
そんな声が聞こえます。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.16

黒いボディがシックなボンゴさんです。

オーナーはとても器用な方なのか、隣の小屋も自分で建てられたものかと思います。



ボディの錆は、小屋のトタン板と同じペンキで塗られていました。
オーナーさんの愛着が伝わってきます。

青い空の下、清々しい夏のはたばんです。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はたばん file.15


道路沿いのこのはたばんも、藁の束を満載していました。

運転席も助手席も藁満載。



写真を撮っていると、近くの家のおばあさんに、

「時々、写真を撮って行く人が居るが、流行っているのか?」
と、声を掛けられました。

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |