無料ブログ作成サービス JUGEM
藤倉水源地堰堤

堤高16.3m
W(取水終了)/G 1911年 秋田市営

2012.7.14見学

越流は和紙の肌触り。


7月の連休を使って、ちょっと遠くまで遠征してみる事にしました。
自宅のある岐阜から東海北陸道を北へ、富山から北陸道でさらに北進。目指すは青森県です。
3年くらい前に青森まで行った時は、新潟から常磐道を通り東北道を走ったのですが、今回は新潟から北陸道を直進し、日本海北陸道を使ってまずは秋田へ向かう事にしました。

秋田にはどうしても観てみたい、いや、石張堰堤ファンなら外す事の出来ないダムがあるのです。
そうです、大分の白水堰堤、愛知の長篠堰堤と並び、日本三大美越流堰堤と称される秋田市営の水道水源地、藤倉堰堤です。

秋田自動車道秋田中央ICから15kmほど、道路脇の案内看板を頼りに車を進めると、川沿いの空地に到着しました。

IMGP0271.JPG

導かれるままに駐車場に車を停めましたが、既に藤倉水源地は始まっています。
明治40年(1907年)に東北初の本格的な上水道施設として整備された藤倉水源地。
役目を終えた現在は静かな余生を送っています。

この駐車場や芝生が広がる公園は、沈殿池や事務所の跡地が利用されており、ここは既に水源地の敷地内なのです。駐車場に数台の先客がいましたが、全て魚釣りの車のようです。

IMGP0272.JPG

1973年の取水終了以降、しばらく「忘れ去られた水源地」となっていましたが、1985年に近代水道100選に選ばれ(それをきっかけに?)、昭和の終わりに設備の改修工事が実施されました。
そして1993年、近代化遺産として国指定の重要文化財の指定を受ける事になります。

2007年には通水から100年を迎え、現在は水道水源として使われていないものの、秋田市上下水道局の手で、大切に管理、保存がされています。
かつての沈殿池の隅に建てられた真新しい記念碑は通水100年を記念したものかと思います。
マスコットキャラクターは秋田市水道局の「カンちゃん」(管ちゃん?)です。

刻まれた「源流」の意味は、水源の意味と、近代水道の発祥の地の二つの意味が込められているのだと思います。

IMGP0189.JPG

沈殿池跡地の芝生広場から上流へ道は続いています。
道の左からはせせらぎが聞こえ、川沿いの林の上からヤマメ釣りの釣竿の穂先が揺れて見えていました。

踏みしめる青い草の匂いの中に水の匂いを感じ、目指す堰堤が近い事を感じます。

IMGP0194.JPG

視界が開け、冷たい水の粒子とともに眼の前に白いカーテンが見えました。

藤倉水源地堰堤です!。

IMGP0197.JPG

堤高16.3m、長さ65.1m。
1907年の水道通水の後、改良を加え、堰堤は1911年の完成となっています。

水道の整備は明治のコレラ、天然痘の流行を受けたものですが、同時期に起きた大火災の教訓として、市内に防火用水を供給する目的も持っていました。

IMGP0210.JPG

堰堤を滑り落ちる水とのコントラストも鮮やかな赤い鉄橋(堤上架橋)。
水源地の管理橋として架けられたトラス橋も、堰堤や付属する設備と共に近代化遺産の指定を受けています。

世の中にダムマニアと橋マニアではどちらが多いか不明ですが、ひょっとして堰堤本体よりも橋の方が有名かもしれません。

IMGP0213.JPG

今まで写真でしか観た事の無かった藤倉堰堤ですが、実際に現地を訪れてみるとなかなか洒落たディテールを持っている事に気がつきました。

橋の袂の親柱の基部、なかなか凝った上品なデザインです。

IMGP0218.JPG

左岸の下にはアーチ状に開いていた暗渠の跡があります。
堰堤直下のプールは暗渠の部分だけ仕切られていて、たぶん排砂設備の跡ではないかと思います。

IMGP0221.JPG

堰堤直下の広いプール、幅およそ28m、上下は20mほどあります。
堰堤本体と平行に造られた副堰堤は、ウォータークッションにより堰堤基部の洗掘を防ぐ為に造られました。

そうです、なんと藤倉堰堤は副ダムによる減勢工を既に持っていたのです。
1930年の江畑溜池堰堤あたりが、日本初の副ダムによる減勢工だと考えていたので、これには本当に驚きました。

外観からは解りませんが、減勢工は副堰堤から下流よりも深くなっていて、およそ3.2mの水深があります。

排砂設備(?)とを仕切る壁の先端は丸く、丁寧な造作となっています。

IMGP0211.JPG

越流部の向こうは直ぐに垂直の岩盤となっています。

全長64.1mの堰堤のうち、越流部は半分以下の29.7mとなっていますから、岩盤から右岸にかけて、もう少し堰堤本体が続いているのかもしれません。

IMGP0216.JPG

こちらの左岸には堰堤上へ続く石の階段がありました。
模造木の手摺は、取水終了後の改修によるものと思いますが、石段はもっと古い物だと感じます。

IMGP0225.JPG

ゆるやかな石段を登ると天端です。
ダムサイトがコンパクトで、天端への入口がダム軸と直行した向きで繋がっています。

IMGP0234.JPG

これより先は立入禁止です。
管理橋と同じ赤色で塗られた門で閉ざされていました。

IMGP0233.JPG

門の隙間から観る管理橋と天端です。
手前の青いハンドルは排砂ゲートのハンドルではないかと思います(取水設備かも)

IMGP0232.JPG

取水の役目を終えた貯水池は砂が溜まり、岸辺には草が茂っています。
すぐ上流に防災専用の旭川ダムが出来ているので、大雨でも荒れる心配は無さそうです。

IMGP0240.JPG

石段の途中から堰堤を観ます。

1911年に完成した堰堤は、日本のコンクリートダムとしては最古参のグループに属します。
取水終了でダム便覧に未掲載と言う事もあり、その印象が薄いのですが、布引五本松、西山、本河内底部、立ヶ畑に続き、実は日本で5番目に古い堤高15m以上のコンクリートダムでもあります。

さらに驚いたのは表面の石張表面の仕上げです。
極端に細く、空積みに見えるほど細い目地で張られた表面は、まるでタイルのように平坦に磨かれた石材が使われています。
北海道を除くほとんどの石張堰堤を観て来ましたが、これほど真っ平らに磨かれた石材はとても珍しいものです。

IMGP0243.JPG

越流部の巻天端も滑らかで、とても100年を経過した物とは思えません。
とても丁寧な施工であった事を伺わせます。

IMGP0246.JPG

そして、そこから堰堤の表面を舐めるように静かに滑ってゆく純白のレース。
折り重なるように現れては消えるウロコ模様。
それは見事な転波越流です・・・。

・・・!。

訪れてから驚いてばかりの藤倉堰堤です。
現代のコンクリートダムでは時々みかける転波越流ですが、それは型枠成型によるコンクリート表面に限った現象です。

タイルのように磨かれた石材の藤倉堰堤は、石張堰堤にして綺麗なウロコを見せる越流だったのです。

IMGP0259.JPG

磨かれていない通常の間知石で張られた副堰堤との違いは歴然としています。
凹凸の多い副堰堤は越流する水が跳ねてしまい、転波によるウロコ模様は起きません。

IMGP0266.JPG

一旦車に戻り、県道からやや俯瞰できる場所に来ました。

石張ダムとして思わぬ越流を観てしまうと、最初の印象よりもさらに美しいものに見えてきます。

何にも逆らわない柔らかな水流を魅せる白水堰堤。
ナイアガラの滝を思わせる豪快な長篠堰堤。

そしてこの藤倉堰堤は、立体的な白水堰堤とは対照的に平面的で、下流面を滑る水は薄く透き通って見えます。

薄くすかれた繊細な和紙を思わせる、美しい水のスクリーン。
日本的な情緒を持つ、見事な越流美です。

IMGP0279.JPG

静かで滑らかな堰堤の隣に、対照的にざわざわと音を立てて盛大に水が落ちる斜面がありました。
この流れも堰堤と同じ貯水池からの水です。

IMGP0282.JPG

堰堤右岸の岩盤を丸く囲うように、人工の水路が造られています。
これはかつて木材の切り出しの時に行われていた流木を流す為の水路で、流木から堰堤を守る為の施設でもありました。

IMGP0285.JPG

水路の上流は板を落として水量が調整できるようになっています。
以前は流木を水路に導く流材防備工という設備が貯水池内にあったそうですが、残念ながら現存していません。

藤倉堰堤のシンボルである堰堤上の赤い堤上架橋は、この水量調節を行う為に架けられたものだと思いました。

IMGP0283.JPG

日本で5番目に完成した高さ15m以上のコンクリート堰堤。

威厳に満ちた長崎や神戸の石張ダムとは違う藤倉堰堤の表情は、どこか女性的でもあり、純白のスクリーンの裏に感じる凛とした芯の強さは、秋田美人をイメージする素晴らしい名堤でした。

IMGP0278.JPG

藤倉水源地堰堤
★★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム秋田県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏瀬ダム

堤高40m
G/P 1940年 東北電力

2009.10.10見学

神代ダムを後に上流の夏瀬ダムに向かう。
神代ダムの湖畔沿いのダート路は幅も狭くガードレールも充分ではないが、この先に温泉宿がある為対向車もあるので注意が必要だ。
暮れ掛けた日差しが眩しい。



夏瀬温泉への分岐から先は神代ダムと同じ様に関係者以外の車両は進入禁止。
ダムまでは300m程度なので再び徒歩で向かう事にとした。
狭い洞門がおっかない道を進むと、程なく夏瀬ダムの発電所の門があり、そこから先は立入る事が出来ないが、まだここからは一切ダム本体は見えて来ない。

門から右の脇道を下ると河原へ降りる事が出来るので行ってみる。川の中を横断するので長靴が必須。増水時は入らない事。
左に発電所、右奥に夏瀬ダムが見えて来た。



神代ダムとは同年に竣工し、姉妹ダムとも言える夏瀬ダムだが、幽閉のプリンセスのような色気は無い。

ピア橋桁部にもアーチ状の壁面は無く、神代と比べその表情は素っ気なく感じる。
玉川ダムの本格的な中和事業以前は現在よりもpHの高い酸性水にさらされていたはすであるから、後から改装され装飾的な部分は排除されてしまったのだろうか。(憶測です)

どうやら堤体が見えるのはこの位置しか無いようだ。
ダム湖側からしか姿が見えないダムは多いが、一切湖面の様子が伺えないダムも珍しいと思う。



森の木々に埋もれるように佇む夏瀬ダム。
河原の水は透き通り、砂利もシャラシャラと心地よい。
夏瀬ダム、なんと心地よい響きの名前なのだろう。もし次に訪れる機会があれば、盛夏の季節がいい。そんな事を思いつつダムを後にした。

夏瀬ダム


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム秋田県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
神代ダム

堤高26.5m
G/P 1940年 東北電力

2009.10.10見学

幽閉のプリンセス。


東北遠征初日のメインに考えていたのは浅瀬石川ダムでも、玉川ダムでもなく実はこの神代ダムである。
ダム巡りの計画時に、便覧からのとあるリンク先の写真に僕は釘付けになった。

ゲートピアからゲート扶壁上に刻まれた点検用階段。ピア橋桁部のアーチ。
そう、このディティールは 「天竜川の女王」 泰阜ダムとあまりにも酷似している。

神代ダムへは田沢湖の南、国道341号から山中へ分け入る。
上流には同じ東北電力の夏瀬ダムもあり、近くにある秘湯夏瀬温泉が目印となる。

但し、夏瀬温泉との別れ道から先はダムの管理道路であり車両侵入禁止。
幸い立入禁止ではないので、ここまらは徒歩で向かう。距離にして1キロもないだろう。



落葉を踏み締めながら、曲がりくねった湖畔沿いの道を歩く事しばし、ダムサイトに到着。
天端が立ち入れないのは予想していたが、ダムサイトの敷地内も立入禁止。しかも管理所だろうか、右岸の建物が工事中の為、ダム本体がよく見えない。



右岸の山の斜面に古い道があったので行けるところまで行ってみる。
じっとりとした落葉が靴を湿らせる。

あとちょっとで下流面が見えそうだが、これより先はには道もなく森の木々に阻まれる。
泰阜ダムに酷似するゲート扶壁上の階段がぎりぎり確認できる。
越流面の肌は戦前のダムらしい滑らかな曲面。



クレストのゲート機械室へ向かう階段の他に、堤体と直交し下流方向へ降りる階段、手前へ堤体のカーブに沿って付けられた階段も見える。コンクリート製の高覧も雰囲気があり、ダムらしからぬエレガンスを感じる空間がそこにはあった。



残念ながら日が暮れ始めた為、これより先には進めず湖畔へ戻る事とした。

車まで戻り、上流の夏瀬ダムへ向かう途中、湖畔の木々の間からの神代ダム。
ピア橋桁部のゆるいアーチが美しい。



堤高26mほどの小さな堤体であるが、その造形は美しく高貴なものであった。
泰阜ダムが天竜川の女王であるなら、深い森の中、人知れず姿を隠す神代ダムは、古城に幽閉されたプリンセスという表現がぴったりだ。

ダムサイトの監視カメラも侵入者への威嚇ではなく、囚われの王女が逃げ出さない為のものか・・・。
そんな妄想を抱きつつ、ダムを後にした。

現地では気がつかなかったが、上流の夏瀬温泉からダム湖左岸沿いにダムサイトまで歩道があるのかもしれない。
いつかまた訪れた時は、是非下流面を拝見したい。

神代ダム
★★★



| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム秋田県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
玉川ダム

堤高100m
G/FNAWIP 1990年 国土交通省

2009.10.10見学

秋田のビッグ・ダディ。



秋田県 玉川ダムは東北最大の貯水量を誇る巨大コンクリートダムである。
上流には玉川温泉があり、下流の田沢湖とも近く多くの観光客が訪れる。管理所には展示施設も併設され、誰もが楽しむ事のできるダムと言える。
ダム湖は宝仙湖、瑠璃色の湖水が美しい。

上流の玉川温泉はpH1.2と言うバッテリー液や人間の胃液に匹敵する酸性泉であり、この地では1800年代初頭よりさまざまな酸性水対策が施されて来た。
国交省による玉川ダム事業に伴い、現在はダム湖上流部に中和処理施設が稼働している。

酸性河川の中和事業としては、吾妻川の品木ダムが有名だが、吾妻川が石灰ミルクを直接投入する方式に対して、玉川では粒状の石灰石が大量に詰まった反応槽に酸性水を通過させる「粒状石灰中和方式」を行っている。

天端から下流方向を見下ろす、ダムの下は広い公園が広がる。



マニアックな巨大植栽。玉川ダムはRCD工法により工期の短縮と省力化が計られた。
送電線の上では東北電力の訓練が行われています、ご苦労さまです。



その公園に降りてみました。
正面から眺める玉川ダム。高さ100m、堤頂長も441.5mもある玉川ダム。
広々とした下流面が大らか、そして力強いです。



東北一の貯水容量、酸性河川の中和事業も行う巨大多目的ダム。
玉川ダムは、とても頼りがいのある親父のようなダムでした。

玉川ダム
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム秋田県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
鎧畑ダム

堤高58.5m
G/FP 1957年 国土交通省

2009.10.10見学

ステンレスの鎧。



田沢湖の北、玉川ダムの下流にあるのが鎧畑ダムである。
塩酸・硫酸分を含む酸性河川 玉川に造られたダムで、耐酸性のコンクリートや、ステンレス鋼の使用など酸性水対策が施されている。

手前の白い建物は発電所ではなく利水放流ゲート、上流の玉川ダム建設に合わせ、放流量が見直される事となった。ゲートの追加には湖水を貯めたまま堤体に穴を空ける工事が1989年から2年にかけて行われたそうである。

コースターゲートの遮水部が鋼製のテラス状になってる。材質はステンレス鋼でしょうか。
一番奥が、追加された放流ゲートの予備ゲートだと思います。



管理所の下に不思議な階段、どこまで続いているのか。
巡視艇を係留しておく階段だと思うのですが、今日は船も浮き桟橋も見当たりません。



蒼い湖水に昼下がりの秋空が映える。
この上流に玉川ダムがあります。



鎧畑ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム秋田県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |